« 能登半島地震 被災から735日め | トップページ | 能登半島地震 被災から737日め »

能登半島地震 被災から736日め

20090329_005 20090329_007 
昨日から女房と3男が横浜へ出かけています。
横浜には2男がいますし、私の兄夫婦もいます。
一応、3男の春休みの旅行という名目ですが・・・。 (;^^)

で、私は留守番。
食事は、料理が出来ないので、昼も夜もマーケットの惣菜や弁当。
こういう生活にもならされました。 (^^ゞ

それにしても、昨日・今日は土日だというのに暇です。
近年は徐々に土日でも暇なことが多くなっていたのですが、今年は一段と暇なような気がします。
かつては、彼岸の連休やゴールデンウィークはもう勘弁して欲しいというくらい忙しかったのですが、今は懐かしい昔の思い出となってしまいました。
前にも書いたと思いますが、都会では「死亡後、斎場や遺体保管施設に24時間保管した後、いわゆる葬式をしないで直接火葬に処するもの。または、火葬炉の前で僧侶等により簡単に読経をあげてもらう等の宗教儀礼をあげてもらう」直葬が増えているそうですが、そういう社会的変化が輪島のような田舎でも起っているのではないかと思います。
そこへ不景気が追い打ちをかけて一段と暇なのだと思います。
いつかは来るとは覚悟をしていたつもりですが、過疎地・能登の寺に厳しい現実が訪れたように思います。
御門徒の方々が小さな本堂に改築されたのは正しい選択だったと思います。

昨日、お参りに伺った家は老夫婦の二人暮らしです。
80歳を過ぎたご主人が前立腺がん(?)になり、3~4ヶ月入院され、放射線治療を受けられました。
私は放射線治療は痛くも痒くもないものだと想像していたのですが、その方はもう2度とあんな苦しい思いをするのはゴメンだとおっしゃいます。
局所的とはいえ放射線を照射してがん細胞を死滅させるのですから、苦しさが伴うのかもしれません。
あんな苦しい思いをしてまで生きていたくない、何となく理解できる言葉でした。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から735日め | トップページ | 能登半島地震 被災から737日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から735日め | トップページ | 能登半島地震 被災から737日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック