« 能登半島地震 被災から752日め | トップページ | 能登半島地震 被災から755日め-2 »

能登半島地震 被災から753日め

先日、珠洲市の人口が約1万7900人と書かれたニュースを読んで、珠洲市は2万人を切るまで人口が減ってしまったのかとショックでした。

今日、輪島市議会議員定数をテーマにした輪島市議会議員さんのチラシが入り、その中で輪島市の人口について触れられていました。
平成18年2月、輪島市と門前町が合併し、人口3万4750人の新輪島市になりました。
それが、今年平成21年3月には人口3万2744人で、3年間で2006人の人口減となったそうです。
年間平均650人の人口減となっているようで、6年後は現在より約4千人の減少が予想され、人口2万8000人あまりになると予想されています。
なんとなくそうであろうと想像していましたが、このように明確な数字を示されると愕然とし、これからこの町はどのように寂れるのだろうと不安になります。
過疎の町と共に寺も寂れていかなければなりません。
どうあがいても寂れるしかないのですから、素直に寂れていきたいものだと思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から752日め | トップページ | 能登半島地震 被災から755日め-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から752日め | トップページ | 能登半島地震 被災から755日め-2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック