« 能登半島地震 被災から783日め | トップページ | 能登半島地震 被災から786日め »

能登半島地震 被災から785日め

20090517_019 
昨日・今日と2日間女房の実家の法要にお参りさせていただきました。
というのは正確ではありません。
ほとんど本堂でお参りをしていません。
今回は裏方さんでした。
裏方さんじゃなきゃ、こんな写真は撮れませんね。

 

20090517_059 
大きな本堂に多くの僧がお参りをしています。

 

20090517_069 
夕方、正覚寺へ帰ると、たった一晩留守にしただけだったのに、ひさしぶりに帰った気がしました。
長~い2日間だったんだと思いました。
長~い2日間だったのですが、終ってみればあっけないものだとも思いました。
正覚寺の法事はもっとあっけないのだろうと思います。
法事は形の残らない儀式、イベント、それに大きな資金が必要です。
形の残らないものに大きな資金を使う、一般的な感覚ではもったいないということになると思います。
そこに何の意義があるんだというのが現代の感覚でしょう。
私は、何も残らないことに大きな資金を使う、それが法事の意義ではないかと思います。
何も残らないことにお金を使うことはもったいない、その欲を捨てる、それが喜捨(布施)なのではないでしょうか。
今回の正覚寺の法事にはもう一つ大きな意義があると思います。
それは、本堂の復興にけじめを付けるということです。
工事は完了しましたし、実質的には支障なく使用しているのですが、周囲の人たちには何となく落成していないという感覚があるようです。
落慶法要を勤めることにより、正覚寺の復興に一区切りがつくと思います。

正覚寺に帰って本堂へ行きました。
正覚寺の本堂は、女房の実家の寺の本堂の4分の1から6分の1ほどの大きさです。
小さいなぁ~!っと思いましたが、仕方なくこうしたんだではなくこれがいいんだと思いました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から783日め | トップページ | 能登半島地震 被災から786日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から783日め | トップページ | 能登半島地震 被災から786日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック