« 能登半島地震 被災から812日め | トップページ | 能登半島地震 被災から814日め »

能登半島地震 被災から813日め

20090614 
昨日のご法事の願主の方は銀行勤務です。
ローンを受け付ける専門の店舗に勤務しています。
銀行といえば、一昔前は公務員以上に安定していて尚且つ高給といわれていました。
今はなかなか厳しいようです。
相談窓口でローンの受付をしていると様々な家庭・人生を見るようです。
わがままに育てられたのであろう娘にせがまれて渋々住宅ローンの書類にハンコを押す母親。
収入・生活ぶりに見合わない家を建てようとする若者。
それでも審査を通ってローンを組んで家を建てれる人はいいそうです。
辛いのはローンを組むことができないと断る時だそうです。
ローンが組めなければ家を諦めなければなりません。
しかし、住宅ローンを断る以上に辛いのは教育ローンだそうです。
大学には合格しているのに教育ローンが組めないために大学進学を断念しなければなりません。
青年の人生を奪うようで辛いということです。
逆にうれしいのは、ローンを組んだ家が建ち、建て主に感謝され喜ばれた時だそうです。
銀行員としての業務が、多くの人の人生の大きな出来事にかかわる仕事になっているのだと思いました。
自分にとっては慣れた業務だけれども、それがその人にとっては人生を左右するかもしれない大きな出来事にかかわっているのだと思うとその方も話されていました。

私はどうなんだろうと思います。
私は本当に必要とされているのだろうか?
私はお念仏を伝えることに役立っているのだろうか?
お念仏は必要とされているのだろうか?
近頃、お参りをしながらそんなことを考えています。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から812日め | トップページ | 能登半島地震 被災から814日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から812日め | トップページ | 能登半島地震 被災から814日め »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック