« 能登半島地震 被災から848日め | トップページ | 能登半島地震 被災から851日め »

能登半島地震 被災から850日め

Kaisan 
衆議院が解散し8月18日公示-30日投開票という日程で総選挙が行われることになりました。
選挙というのは、国民・県民・市民が政治家を選ぶことですが、私は選挙により民度が試されていると思います。
能登・輪島は、衆議院選挙でいうと石川3区。
定数3の旧石川2区の中選挙区時代も含めて、これまで1度も総選挙で保守以外の野党の候補者が当選したことのない保守王国です。
その政治家たちの選挙公約は決まったように能登・加賀の格差是正でした。
能登の活性化のためには政権を握っている自民党の政治家を送り出さねばならないと、純朴な能登人はせっせと自民党の候補者に投票し続けました。
その結果は、能登・加賀の格差は是正されるばかりか広がる一方でした。
昔、自民党ばかりの保守王国の政治家よりも、同じ選挙区に社会党などの野党の政治家がいる選挙区の政治家の方が一生懸命働くという記事を読んだことがあります。
保守王国の政治家は仕事をしなくても地位が保障されているから働かず、出世もしないというのです。
一方、野党議員のいる選挙区の政治家は、いつ落選するか分からないという危機感があるから一生懸命働き、出世もするというのです。
私は地元の政治家のことを考え、そうだろうなと思いました。
国全体としても同じではないかと思います。
何をしても自民党が権力を持ち続けるというのでは、一党独裁の北朝鮮や中国と大差がありません。
しっかり国民のために政治をしなければ落選させられる、権力の座から下ろされる、そういう危機感を政治家に抱かせる必要があると思います。
国民が政治家・政党に支配されるのではなく、国民が政治家を使う、そういう立場にならなければならないと思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から848日め | トップページ | 能登半島地震 被災から851日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から848日め | トップページ | 能登半島地震 被災から851日め »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック