« 能登半島地震 被災から857日め | トップページ | 能登半島地震 被災から860日め »

能登半島地震 被災から859日め

20090730_003 
昨日・今日と叔父さんのお葬式にお参りさせていただきました。
叔父さんからすれば姉(私からすれば叔母さん)のお寺の住職代務者をされていたので、会場はセレモニーホールを利用してもできるだけ住職らしいお葬式をということでこういう形にしてもらいました。
宮型の斎壇のように見えるのは輿です。
金沢とその周辺では寺の葬式には輿を使う習慣があります。

 

昨日、叔父さんの家にいたら、ご門徒から電話。
奥さんが亡くなって金沢でお葬式をされるといいます。
葬儀屋の紹介の僧侶に葬式をしてもらうつもりだが、葬儀屋が確認をしろというので電話をしてきたと言います。
私が、金沢近郊までお葬式に来ていると言うと、30・31日の日程でお葬式をすると言われます。
30・31日は輪島でお葬式があると伝えると、日程がぶつかっているから結構だと言われました。
よかったら代わりに叔父さんにお参りしてもらいますが・・・と伝えましたが、葬儀屋の紹介の僧侶に頼むといわれました。
正覚寺の門徒ではなく葬儀屋のご門徒になられたように感じました。
お葬式も手軽に便利にすましてしまう、そんな時代ですね。
僧侶は衣さえ着ていれば誰でもいい、僧侶は葬儀屋のセット商品の一部、そんな時代を感じました。
ここから僧侶なんてどうでもいい、儀式なんてどうでもいいとなっていき、親しい親族で焼いてお骨にするという直葬になっていくのではないかと思いました。
僧侶も儀式もどうでもいいという感覚が全く間違っているとは私は思いませんが・・・。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から857日め | トップページ | 能登半島地震 被災から860日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から857日め | トップページ | 能登半島地震 被災から860日め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック