« 能登半島地震 被災から870日め | トップページ | 能登半島地震 被災から872日め »

能登半島地震 被災から871日め

20090811_002 
正覚寺の前(隣り)での改装工事、「居酒屋 華うさぎ」という看板が上がりました。
昔の魚屋さんは繁盛したのですが、その後はほとんど使われていませんでした。
今度の店はどうでしょうか?
かなりの投資をしての改装のようです。

 

20090811_003 
墓工事をしている石屋さんが謝ってきます。
墓地の出入り口の柱を傷つけてしまったとのこと。
やられちゃいました。
修復して下さるということなので仕方ないでしょう。
でも、正直に謝って下さって気持ちよかったです。
傷めても知らんぷりされることが多くあります、特にお葬式は。
人間は過ちを犯すもの、過ちを犯したら素直に謝って欲しいですね。

20090811_005
お墓が完工したようです。
古いお墓のお骨は石屋さんに移転してもらいましたが、地震前に亡くなり正覚寺でお預かりしているお爺さんの遺骨はお盆明けに納骨することになりました。

 

8月10日(昨日)の新聞連載の五木寛之『親鸞』
「必ず浄土に迎えるぞ、という仏の約束が信じられたとき、その確信が歓びになる。
 どんなにつらくとも、生きつづける希望の光が心にさしているからだ。」
という言葉がありました。
「必ず浄土に迎えるぞ」です。
しつこいですが、「必ず」です。
~をしたら浄土に迎えるぞ、とか、~をしなかったら地獄に堕ちるぞ、とかだったら「必ず」ではありません。
阿弥陀の救いを信じなくても、浄土真宗をを信じなくても、お布施をしなくても浄土に迎えられるから必ずなんです。
こんなことを言うと叱られるでしょうが、「必ず」とはそういうことでしょう。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から870日め | トップページ | 能登半島地震 被災から872日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から870日め | トップページ | 能登半島地震 被災から872日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック