« 能登半島地震 被災から867日め | トップページ | 能登半島地震 被災から869日め »

能登半島地震 被災から868日め

20090808_002 
正覚寺の前の貸店舗で大改装が行われています。
元々は魚屋さんだったところです。
何が始められるのでしょうか?

 

お葬式のお礼においでてお布施をいただきました。
正直な気持ちを言うと、色々とお参りをしたのにこのお布施?何十年前の金銭感覚?と思いました。
お布施に相場はありませんからお気持ちで、極端に言えば1円でも何十億円でもかまいません。
ただ、セレモニーホールを利用し大きな金額の支払いをするのが分かっているので、セレモニーに支払うお金はあっても寺には…と思ってしまいます。
納棺師に支払う3~5万円の料金は惜しまないけれども、僧侶へのお布施は惜しい。
逆の言い方をすると、お布施に見合ったお葬式でいいんじゃないの?と思ってしまいます。
セレモニーホールを使わなくとも・・・と。
人目につくところは派手にして、人目につかない請求のない文句を言わないところは・・・、どうしてもそんな風に考えてしまいます。
高額なお布施を請求する僧侶は批判され、それは当然だと思います。
請求しない僧侶は、それをいいことに安く使われるだけ、そんなふうにひがみます。
だからって私には請求する勇気はないのですが・・・。
お布施を通じて施主の心が見える、そんな気がします。
セレモニーホールでお葬式、そう聞いた時からそうではないかと覚悟はしていましたが・・・。
セレモニーホール主体のお葬式が、葬儀の形態ばかりではなく葬儀を行う人の気持ち、お布施の気持ちまで失わせてしまったように感じています。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から867日め | トップページ | 能登半島地震 被災から869日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から867日め | トップページ | 能登半島地震 被災から869日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック