« 能登半島地震 被災から904日め | トップページ | 能登半島地震 被災から906日め »

能登半島地震 被災から905日め

今日は月忌(月命日)のお参りが1軒の予定でした。
今朝7時に電話があり、嫌な予感。
枕勤めでした。
大正6年生まれのお婆さんが亡くなりました。
これでまた休みが消えてなくなりました。
それにしてもお葬式が多いと思います。
高齢者が大勢いるので当然といえば当然かもしれません。
輪島の人口がガンガン減っていきます。

 

お参りに伺ってお話しをしていました。
私に聞きたいことがあるといわれるので、質問にお応えしていました。
何てことのないご法事にお参りされるときの服装などについての質問でした。
そのうち「住職さんは人の持つ特殊な能力を信じますか?」という質問に、「私は不思議な力は信じません」という会話あたりから不思議な話しになっていきました。
そして、話しが20年近く前の出来事になり、「レーザービームでやられた・・・」と言われます。
病気の症状が出ているときに正覚寺を訪ねられてこともあったので、病気を持っておられることは知っていました。
この数年、落ち着いておられるようなので安心していたのですが、最近2~3ヶ月の間にいくつかの条件が重なって病気が出やすい状態になっておられるようでした。
残念ながら私には精神医学の知識も心理学的な知識もありません。
助けてあげたいと思うのですが何もできません。
ただ落ち着かれるまで話しを聞いてあげるだけです。
数ヶ月前、「秘密警察が・・・」という話しをされた方がありました。
その時も何もしてあげられない自分を不甲斐なく思いました。

病気ではありませんが、カルトの信者が訪ねて来られることがあります。
マインドコントロールされている人に対してどうしてあげたら良いのかわからずそのまま帰してしまいます。
宗教者として助けてあげることはできないのか?と思いますが、素人が下手な説得をして益々凝り固まらせてもと怯んでしまいます。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から904日め | トップページ | 能登半島地震 被災から906日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から904日め | トップページ | 能登半島地震 被災から906日め »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック