« 能登半島地震 被災から897日め | トップページ | 能登半島地震 被災から899日め »

能登半島地震 被災から898日め

今日は近隣のお寺のお葬式でした。
遺族の方々はどのように思われたか分かりませんが、細かい反省はありましたが、私が覚悟していたよりもスムーズに儀式が進行されたと思いました。
一つ大きな誤算があったのは、お骨が上がる時間でした。
午後1時からもう一つお葬式があり、お寺のお骨は2時以降にしか戻らないだろうという予測の元、そちらのお葬式にも諷経でお参りさせていただきました。
お葬式が終って2時すぎにお寺に戻ると、すでに還骨勤行が勤められていました。
聞けば、1時すぎにお骨が上がって、1時40分頃にお骨がお寺に戻ってきたとのこと。
待つ時にはなかなか上がってこないお骨ですが、待たない時に限って早く上がったようです。
思い通りには事は進まない、その通りでした。
喪主の住職さんは大変お疲れのようでした。
しばらくゆっくりお休みできればいいのですが・・・。

 

20090907_002_4  
お葬式を終えて帰り、やれやれこれで終ったと思っていたら、携帯のアラームが鳴ります。
近所のお婆ちゃんの一人暮らしの家の月忌(月命日のお参り)でした。
月忌が今月のスケジュール表に書き入れてなかったので忘れていたのでした。
お参りに伺うと、待っていたよとお婆ちゃんが迎えてくれました。
91歳のお婆ちゃん、体が動かなくなって情けない、8年前に亡くなったお爺さんがいつ迎えに来てくれるんだろうとおっしゃいますが、まだまだしっかりしています。
先月までは必ずお茶を出して下さったのですが、今月はヨーグルトでした。
正覚寺が購読していない地元紙を読ませていただいたり、お話ししたりするのですが、帰りがとても辛い。
もう帰られるんですか?帰られると寂しいなぁ!また一月会えませんねぇ、とおっしゃいます。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から897日め | トップページ | 能登半島地震 被災から899日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から897日め | トップページ | 能登半島地震 被災から899日め »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック