« 能登半島地震 被災から925日め | トップページ | 能登半島地震 被災から927日め »

能登半島地震 被災から926日め

20091005_001_3    20091005_003_3  
報恩講まで1ヶ月あまり、少々早いですがお道具磨きを始めました。
今月15日に婦人聞法の会の追悼会の宿寺をお引き受けしたので、それまでにできるだけ・・・という思いもあります。
震災前は、お世話方にお願いして磨いていただいていました。
去年の秋は工事中だったので私が一人で少しずつ磨きました。
震災をきっかけに、本堂が小さくなって荘厳(お飾り)する仏具が少なくなったので、今年5月の落慶法要時も私一人で磨きました。
で、今回も私一人で磨くことにしました。
ご門徒の方に手伝っていただく、それも大切なことかと思いますが・・・。

 

先日、正覚寺でお葬式をされた方、喪主はじめ家族の方々のすまいは首都圏でした。
支払いは銀行振り込みとのことで、先週の木曜(1日)か金曜(2日)に振り込んでくださるという約束だったそうです。
ちなみに現金なら10月30日にしか支払えないとのことだったそうです。
週明けの今日、確認しましたが振込みはありません。
納入品の支払いをしていないので、業者の方から正覚寺へ問い合わせがあったようです。
輪島ではお葬式の支払いは、お葬式当日か翌日に現金というのが常識です。
お葬式から1週間になるので業者の方も不安に思われているのでしょう。
申し訳ありません。
お世話方から喪主の方に電話をしていただいたところ明日・明後日中に振り込んでくださるとのこと、間違いなくお願いします。
それにしても、正覚寺でそんなに多くのお葬式をしたわけではないのですが、経費の支払いを待つのはこれで3軒目です。
これも世の中の変化の現れなのかもしれません。
旧本堂の時にはお葬式の会場として建物をお貸しするだけだったのですが、新本堂になってからは御門徒の方々にお葬式のお世話をしてもらうようになりました。
お葬式を通していろいろなものを見せてもらうようになりました。

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から925日め | トップページ | 能登半島地震 被災から927日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から925日め | トップページ | 能登半島地震 被災から927日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック