« 能登半島地震 被災から922日め | トップページ | 能登半島地震 被災から924日め »

能登半島地震 被災から923日め

0907_7_633 
本願寺展に行ってきました。
私はこういう行事には期待しない方です。
というのも、一級の資料を見ても無学な私には理解できないからです。
でも今回は行って良かった、そう思いました。

2006061220060804_001_002_025  20081004_05_5  
安城の御影、この一点を見せていただいただけで十分来て良かったと思いました。
古い物なのでもっと煤けて絵がはっきり分からないのではないかと想像していたのですが、とてもきれいなのに驚きました。

36ninnkashuu
国宝『三十六人家集』、これも驚きでした。
現代の技術で作られた新品だと思うほどきれいでした。

夕べの落語もテレビでは伝わらない生ならではの面白さを味わいました。
今日の本願寺展でも生・本物を堪能しました。
売店で十数万円から四十数万円で絵像のコピーの軸の予約受付をしていましたが、欲しいとは思いませんでした。
現代の技術を駆使してもコピーはコピーでした。
本物を見た後では違いは歴然としていました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から922日め | トップページ | 能登半島地震 被災から924日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から922日め | トップページ | 能登半島地震 被災から924日め »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック