« 能登半島地震 被災から928日め | トップページ | 能登半島地震 被災から930日め »

能登半島地震 被災から929日め

Typhc  
台風の進路が若干南というか東側にズレました。
そのおかげもあったのでしょう、輪島は暴風圏から外れました。
それでも大型の台風、未明から強い風。
私たちが住まいにしている住宅の横の南北の道路は風の通り道でもあり、風の音で目が覚めてぐっすり眠ることはできませんでした。
でも、このくらいなら冬の低気圧でもあると思いました。

20091008_002_2
朝起きてテレビで確認したらサンダーバードは運休、関係ありませんが、東京の山の手線も運休だということでした。
講師の先生は京都で足止めされてとても輪島へは来られないと思いました。
講師不在の対策を相談しようかと思いましたが、一応講師にも講演会中止の了解をえようと電話をしました。
すると金沢のホテルにいるとのことで、どういうことだろうと思ったら、湖西線が不通になると予想し、夕べの最終のサンダーバードで金沢まで戻ったとのことでした。
しかし午前中はJRの普通電車も運休、私は10時からお葬式があるので金沢までは迎えに行けません。
何か手だてはないかと考えていたら、運休だと決めつけていた特急バスは運行しているとのこと。
無事輪島まで来ていただけました。
講題は「遺言」、自分の人生でもっとも大切なものを言い残す、伝えるという大きな仕事が残っているというお話しでした。
私の人生で、後に伝えるような価値のあることがあるだろうかと考えさせられました。

Haka  
女房が、輪島市の広報と共に配布された「輪島市社協だより」に私の写真が掲載されていると言います。
何かと思ったら、お盆を前に老人会が清掃奉仕をした無縁墓のお参りをさせていただいた際の写真でした。
奉仕活動をした老人会の方々より私が主役のようで申し訳ない写真でした。

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から928日め | トップページ | 能登半島地震 被災から930日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から928日め | トップページ | 能登半島地震 被災から930日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック