« 能登半島地震 被災から948日め | トップページ | 能登半島地震 被災から950日め »

能登半島地震 被災から949日め

20091028_003_2  
午後に2軒のお参り。
1軒目のお参りを終えたのですが、次の家の約束の時間には早すぎます。
で、天気が良かったので海岸へ。
こんな時期の平日の海岸には誰もいないだろうと思ったら、車の往来もあるし、多くの人。
私ばかりではありませんでした。

時間をつぶして次の家へ。
お婆さんが待っていて下さって、お花を買いに行きたいがそれもできない、お茶菓子を買いに行きたいがそれもできない、杖をつかなければ歩くこともできない・・・とおっしゃいます。
私は、一つ一つに、いいですよ、大丈夫・大丈夫、そんな心配しなくていいですよ、とお応えします。
お応えしながら、なんだか阿弥陀さんみたいだなぁ~、と思いました。
また、お婆さんがおっしゃいます。
お爺さんの体を起こしてあげることもできなくなった、テレビで介護が大変だと言っているのを見てきたが、自分が介護をしてみて、その大変さがよくわかったと。
さすがにこれにはいいよいいよ、大丈夫とは言えませんでした。
介護をされている方はみなさん同じことをおっしゃっています、とお応えしました。
病気のために寝たきり、介護が必要なお爺さんがいらっしゃるのです。

夜は女房らに手伝ってもらって報恩講の案内の封筒詰めをしました。 

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から948日め | トップページ | 能登半島地震 被災から950日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から948日め | トップページ | 能登半島地震 被災から950日め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック