« 能登半島地震 被災から927日め | トップページ | 能登半島地震 被災から929日め »

能登半島地震 被災から928日め

20091007_002 
震災で全壊となったお向かいです。
川向こうの奥さんの実家で生活をされているようです。
それでもほとんど毎朝、ご主人が通ってこられます。
今朝は資源ゴミの収集日なので資源ゴミを出しに来られたようです。
生まれてから暮らしてきたこの土地に愛着があるのでしょう。

今日の昼過ぎ、51年ぶりという方が訪ねてこられました。
51年前、能登半島を自転車旅行された際正覚寺に泊まられた方で、震災後新聞記事を見てお見舞いを送っていただいた方です。
51年前の旅行のアルバムを持参されていましたが、驚いたことに正覚寺の前に女房の実家の光琳寺に泊まっておられました。
縁というのは不思議なものです。
正覚寺の本堂をご覧になり、想像していたより立派だと何度も言われました。

 

Typhc  
台風は、明日の午前11時頃に輪島に最接近するとの予想。
そこで、明日の仏教講演会、講師は七尾という輪島から60Kmほどの距離の町の方なのですが、日展の書家で毎週水曜日には京都・奈良へ通われます。
で、今日はその水曜日。
したがって、明朝京都からサンダーバードで輪島の講演会に直行して下さるはずでした。
どうも今のところ明朝のサンダーバードは運休とのニュース。
明日の講演会は絶望的です。
予定通りにはものごとは進みません。

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から927日め | トップページ | 能登半島地震 被災から929日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から927日め | トップページ | 能登半島地震 被災から929日め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック