« 能登半島地震 被災から980日め | トップページ | 能登半島地震 被災から982日め »

能登半島地震 被災から981日め

002 
今日の午前中は満中陰法要、午後にお取り越し(報恩講)のお参りの約束があったのでお斎(昼食)はご辞退させていただきました。
もちろん、事前に欠席はお伝えしました。

で、午後は正覚寺から20分ほどの山の村へ。
途中の在所にはほとんど正覚寺のご門徒がありません。
よくぞ正覚寺のご門徒になって下さったと思えるご門徒です。
帰りに山中の風景を写真に撮ろうとしたら、電池が残り少ないとの表示でカメラが起動しません。
そうだった!午前中のお参りから帰ったら充電しようと思っていたのでした。
残念!

帰っての~んびり休憩!と思っていたら4時頃に電話。
明日・明後日の日程でお葬式の会場として貸して欲しいとのこと。
ご門徒ではありません。
相談に来られると言うので、お世話方のリーダーに来てもらって説明と打ち合わせ。
ご門徒でもセレモニーホールを利用される方もあれば、他門徒でも正覚寺を利用される方もある、いろいろですね。

その相談が終わって、お葬式をされる方を送り出してから、お世話方とコーヒーを飲みながらおしゃべり。
セレモニーホールでお葬式をされる方のご親戚が、お世話方のお店に盛籠の注文に来られたとのこと。
どうして正覚寺門徒なのにセレモニーホールを利用されるのだろうという話題。
お世話方の推測では、寄付をされていないから頼みづらいのだろうとのこと。
寄付をしていないからと、セレモニーホールで大きな経費を使ってお葬式をして、そのしわ寄せで小さなお布施。
寄付をしていなくてもご門徒、正覚寺で経費を抑えてお葬式、そして小さなお布施。
どちらが住職として気持ちがいいか、それは明らかです。
セレモニーホールで派手なお葬式をしておきながら寺には・・・それはあんまりだと私は思います。
それに、せっかく建て替えた本堂なのに、ダメ!と否定されたようでガッカリします。

そんな会話をしているところへ電話。
ご門徒のお婆さんが亡くなったとのこと。
この家もご寄付をいただいていません。
お世話方は、寄付をされていないならセレモニーだろうとのこと。
私もそうかなぁ?と思いながらも、正覚寺を利用されるかもしれないと、お世話方にその準備をしてもらって枕勤めに出かけました。
お参りの準備をしているとお仏壇にろうそく等がありません。
持参したろうそくを使っていいかどうか判断するために、「寺へ来られますか?」と尋ねると、当たり前のことを聞くなというように口を尖らせて返事をされます。
住職としてホッと安心したっていうかうれしかったっていうか。
今年の夏、同級生の方のお葬式のお手伝いに正覚寺へ来られた時に、お婆さんのお葬式は正覚寺でと決められたということでした。 

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から980日め | トップページ | 能登半島地震 被災から982日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から980日め | トップページ | 能登半島地震 被災から982日め »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック