« 能登半島地震 被災から1002日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1004日め »

能登半島地震 被災から1003日め

003 
風雪・波浪・雷・強風注意報、雪のち曇、最高気温3℃。
今日もまさに北陸の冬!といった天気でした。
しかし、今日は久々に明るい日差しも。

 

001
今日はお葬式でした。
参詣者の少ないお葬式でしたが、私はよいお葬式だったと思います。

005
午後、釣り鐘が建設会社の倉庫に預かってもらうために運ばれていました。

午後のお参りを終えて寺へ帰ると、お二人の女性が訪ねてこられます。
お葬式を頼みたいとのこと。
新宅さんですか?と尋ねると、そうだとのこと。
お仏壇はないのですか?と尋ねると、仏壇はあると言われます。
お寺さんにお参りしてもらったことはないのですか?と尋ねると、入仏式をしてもらったことがあると言われます。
それではそのお寺の御門徒なんじゃないですか、ということで、正覚寺の御門徒に代わりたいという希望はお断りさせてもらいました。
お葬式の会場などのお世話はお引き受けしました。
女房の実家と親戚になるお寺だったので女房が連絡をしました。
お通夜に住職・若院・寺家(下寺)さんの3人でお参りされるというのでそのことを伝えると、遺族の方が顔をしかめられて2人でいいのに・・・とおっしゃいます。
その気持ちがよくわかります。
年金生活者ですから・・・とおっしゃる通りとても裕福な暮らしぶりとは思えません。
お手継ぎのお寺なら御門徒の暮らしぶりを把握されているはず。
どうして御門徒の気持ちを理解してあげないのでしょうか?
そういうお寺から離れたい、その気持ちがわかります。
枕勤めは、どうしても来てくれと頼まれれば行くが、そちらで済ませてくれるならそうしてくれと言われます。
車で30分の距離、私の感覚では、御門徒だと言われるなら枕勤めに来られるべきだと思いましたが、遺族の方の負担が重くなると気の毒だと思い私が伺いました。 

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から1002日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1004日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から1002日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1004日め »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック