« 能登半島地震 被災から1035日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1037日め »

能登半島地震 被災から1036日め

003 
今日は満中陰法要でした。
故人は謡(うたい)をされていたそうで、故人の連れ合いのお婆さんの希望で、役僧さんがお斎の初めに「鞍馬天狗」という曲を謡われました。
続いて、親戚の方(この方も正覚寺のご門徒)が、恩徳讃という親鸞聖人の詩に曲をつけたものなどを尺八で演奏されました。
この方の「親鸞様」という歌でお斎が締められました。
こういう法事もあってもいいかと思いました。

 

007
今夜はお通夜でした。
セレモニーホールに先約があったので正覚寺へ来られたようでした。
他門徒の方に正覚寺という名前が出るようになったということ。
ありがたいことだと思いました。 

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から1035日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1037日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から1035日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1037日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック