« 能登半島地震 被災から1103日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1105日め »

能登半島地震 被災から1104日め

今日は諷経といって余所のお寺のご門徒のお葬式にお参り。
54歳で私と同い年。
3年間の癌の闘病生活の末に亡くなったとのこと。
当初の医者の告知より1年間長くお出でたとのこと。
平均寿命79歳ですが、皆がそこまで生きられると保証されているわけではありません。
今朝の新聞には19歳の青年が事故で亡くなったというニュース。
まさにわれや先、人や先、今日ともしらず、明日ともしらず、老少不定です。

 

001  
今日の午後は完工検査。
私の目には何の問題もありません。
階段に左官屋さんの細かい仕事が残っているそうですが、鐘楼は完工しました。

 

Umenoya21  
夜は正覚寺役員会。
正覚寺復興祝賀会などの相談をさせてもらいました。
会場は総代さんのお店居酒屋うめのやさんです。 

次へ 震 災トップへ

« 能登半島地震 被災から1103日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1105日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
「お葬式は、要らない」そう言われる時代、社会にあって、贅沢かもしれませんが鐘楼も再建させていただきました。
威容、偉容を誇っていた大きな屋根の本堂・寺から、町並みに埋没してしまった寺・本堂になりました。
お葬式のあり方、寺のあり方をここから問題提起したいと思います。

鐘楼,完工おめでとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から1103日め | トップページ | 能登半島地震 被災から1105日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック