« 本 | トップページ | 居酒屋 »

タケノコ

001_4 
今日の午前中は法事のお参り。
といっても親戚が集まるわけでもお斎(昼食)があるわけでもありません。
お内仏(仏壇)でのお参りの後頭骨をお墓へ納骨。
お墓は家の裏の小高い丘の上。
お墓の後ろは竹林。
長く伸びたタケノコが。
竹も間引きをしなければならないそうです。
茶色になった竹は古く年老いた竹。
もはや子供を作る元気が無くなった竹だそうで、その竹を間引きしてやらなければならないそうです。
勉強しました。
いただくタケノコ、単に竹林から掘ってこられただけじゃなかったんですね。
ちゃんとお世話されていたんです。 

003_2

« 本 | トップページ | 居酒屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

真ん中の竹は何かに使えそうだ。風がある時の竹林は美しいんだよね。
しなやかに幹がゆれ、青葉は風に応じてて静謐で返す。
でも夏の竹林は恐ろしい。吸血鬼たちの発生源で咬まれたものは、掻きむしって炎症をおこし、もうかゆくなりませんようにと、親指の爪で十字架を刻む、で母親に怒られて渋々ムヒをぬり、そのムヒがしみる痛さ
に今度はそれにたえる。なんてことだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本 | トップページ | 居酒屋 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック