« 八日講 | トップページ | お別れ会 »

う~ん (-_-;)

003 
向かいのスナック、お客さんが出入りしているのを見たことがありません。
カラオケの音も聞いたことがありません。
近頃は営業もしていないみたいだなぁと思っていたら入り口に張り紙がしてあります。

002  
「貸店舗」。
スナックは閉められたようです。
昨年の4月から約1年余りの営業だったようです。

 

数日前に電話がありました。
大阪で弟さんが亡くなり、火葬をしお骨になっておられるとのこと。
しかし、お葬式をしていないので「お別れの会」をしたいとのこと。
その会場に正覚寺を貸してくれないかということで、相談に来るという電話でした。
それから30分あまりしてから再び電話がありました。
家族でもめていて正覚寺を借りるかどうか分からい状況だとのことでした。
そして昨日、新聞のお悔やみ欄に自宅でのお別れ会が記事として掲載されていました。
そういうことになったんだと女房と思いました。

今日の午前10時頃、その家の方が尋ねてこられました。
お付き合いしているお寺がないので「お別れの会」にお参りに来てくれないかとのこと。
私でよければとお引き受けしました。
法名はどうされますか?と尋ねると、近い親戚にお寺さんがあるのでその方にお願いしたいとのこと。
そのお寺さんに法名を付けていただいて、私に教えて下さいとお願いをしました。
しばらくして電話があり、そのお寺さんは今週末までアメリカに出かけていて留守なので私に法名を付けて欲しいとのこと。

う~~ん、どうもやっていることが支離滅裂です。
兄弟が亡くなられて慌てられる気持ちは分かります。
しかし、直葬をしてお骨になられているのですから、「お別れの会」を慌てて催す必要はありません。
義兄のような近い身内の方であれば、1度はお参りに来られるだろうと思われます。
その方が僧侶であるなら、その方の都合に合わせて催されるべきだったのではないでしょうか?

私はこういう「お別れの会」を多くお参りさせてもらっています。
これまでお参りされた方たちは新聞のお悔やみ欄に掲載するようなことはされませんでした。
今回の方も想定されている参列者は15~20人程度の身内だそうです。
ならば、新聞の掲載は不必要なことだったのではないでしょうか?
掲載してしまったので日程などを変更せずに催すしかありません。

« 八日講 | トップページ | お別れ会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八日講 | トップページ | お別れ会 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック