« 三遊亭円楽襲名披露公演 | トップページ | 前向き »

枕勤めをお願いします。

昨日の夕方電話がありました。
「A町のIですが枕勤めをお願いします」とおっしゃいます。
正覚寺のご門徒に1軒だけIさんというご門徒がおいでて、かつてはA町の住宅へお参りに伺っていましたが、現在はA町ではなくK町においでます。
Iさんって誰?
フルネームでA町のI・Hです、とおっしゃいますが、私には全くわかりません。
他寺のご門徒ではないかと尋ねると、お仏壇もないとのことでした。
これまで全くお付き合いのない方ですから名乗られてもわかるはずがありません。
これも時代だなぁ~と思いました。
見ず知らずの方から電話がかかってきて、いきなり「枕勤めをお願いします」ですから。
昨日の枕勤めは、私は本堂でのお参りの準備中があったので役僧さんにお願いしました。

その電話で言われたこと。
「うちは積立をしていたので、農協のセレモニーホールを利用したいのですが、それでもいいですか?」
その方の自宅は市営住宅。
失礼ですが、裕福とは思えません。
私は、もったいないと思いましたが、セレモニーホールを使ってはいけないとは言えません。
互助会の積立システムは、顧客を確保する手段であって、決して互助会という名前から連想するような助け合いのシステムではありません。
亡くなられたお父さんが子供たちに迷惑をかけないようにと積み立てておられたのでしょうが、その気持を商売にしてしまうそれが葬儀産業です。

全く付き合いのない知らない方からの葬儀依頼の電話。
どうして正覚寺の私のところに依頼が来たのかわかるような気がしました。
お布施を心配されてのことだと思います。
たぶん、正覚寺なら無理無体な高額なお布施を請求されない、そういう噂を聞かれたのだろうと思いました。
まぁ、それもいいかと思います。
しかし、それならば尚更のことセレモニーホールはもったいない出費。
しかし、それが現実です。

今夜はその方のお通夜でした。

« 三遊亭円楽襲名披露公演 | トップページ | 前向き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三遊亭円楽襲名披露公演 | トップページ | 前向き »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック