« お盆終了 | トップページ | お盆の残業 »

靖国神社とは何か

毎月14日の月忌勤めに伺っている家があります。
今月はお盆なので休ませていただきました。
正覚寺から1時間40分ほどのところにある家だからです。
その家から電話があり、お盆過ぎでいいからできるだけ早くお参りに来て欲しいとおっしゃいます。
電話の様子から、お婆さんの具合が良くないようでした。
で、今日、お参りに伺いました。
猛暑で体調を崩されたのかと思っていたお婆さんは、進行したガンであることが分かり、余命半年を告げられたとのこと。
辛いお参りでした。

 

帰って、メールのチェックをすると、今年も来ていました。
私のホームページの「靖国神社に思う」という文書に対する批判のメールです。

Senbotu2010  
平成22年8月15日、日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で、追悼の辞を述べる横路衆議院議長です。
全国戦没者追悼式における議長追悼の辞
すばらしい追悼の辞だと思いました。

「太平洋の海原で、アジアの山野で、シベリアで、広島長崎沖縄で、そして空襲下の国内各地で、三百万余りの同胞が亡くなられたことを思い返すとき、その痛ましさにいまなお胸にこみあげるものを禁じえません。
近隣諸国あわせて、二千万人といわれる犠牲者の方々。
国の内外すべての戦禍に斃れた方々の御霊に衷心より哀悼の誠をささげます」
とあります。

この言葉を靖国神社では語ることができません。
 
「広島長崎沖縄で、そして空襲下の国内各地で、三百万余りの同胞が亡くなられた・・・
 近隣諸国あわせて、二千万人といわれる犠牲者の方々・・・
 国の内外すべての戦禍に斃れた方々の御霊に衷心より哀悼の誠をささげます」
靖国神社ではこういう言葉が出ない、それを知って欲しいと思います。
 
靖国に祀られている神は、戦争で亡くなった日本軍人と公務員だけです。
「近隣諸国」、「国の内外すべての戦禍に斃れた方々」、そこまで靖国神社に期待しませんが、靖国神社は同じ戦争で亡くなっても日本国民をも区別・差別していると私は思います。
 
 
Mainimg  
上のドラマのテーマは愛知一中事件でした。
このドラマには出てきませんでしたが、ドラマについて語り合う掲示板から成瀬謙治という人を知りました。

「一中全校生徒を予科練へ志願させることは、無意味であります。
生徒ひとりひとりの能力は、それぞれ異なります。
能力に応じた道へ進ませてください。
それでこそ本当に国に報いることとなります。
この戦争で死ぬのは、わたしたちだけで十分なのです。」

愛知一中というのはエリート候補の進学校です。
研究者になったり、開発者になったり、医者や設計士、司法関係、会計士・・・、国に報いる道は兵隊になることだけではない、兵学校生の成瀬謙治がそう言っています。

« お盆終了 | トップページ | お盆の残業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お盆終了 | トップページ | お盆の残業 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック