« ありがたい深い話 | トップページ | ご縁 »

誘拐ラプソディー

Yukai 
今朝、寝床から出る前に残っていた20ページほどを読み終えました。
420ページあまりの本ですが、文章を読むのが遅い私でも2日で読み終えました。
それだけ読みやすく面白い小説だったということです。
あたりまえだろ!っと言われそうですが、どうして仏教書はあんなに読みづらくて面白くないのだろう?って思います。
こんなこと書くと叱られるでしょうが、ひとつには、書き手が自分の学問、信仰に酔っていて、酔っぱらいの言葉で書かれているので、シラフの私たちには理解出来ないのではないかと思います。
ふたつには、難解な専門用語で語らなければ低俗なものになってしまうと考えているのではないかと思います。
専門用語を並べ立てて知識を得意満面にひけらかしているだけではないかと思います。
哲学はドイツ語でしか語ることができない、すばらしい哲学を教えてやるから、お前たちドイツ語をマスターしてこい、私は仏教者は世間に向かってそういうことを言っているように思えます。
お経は難解なもの、そこにあぐらをかいているようにも思えます。
もちろん、学術書、専門書なら難しいのは当然だと思いますが・・・。

 

今朝は9時からお墓参り。
曇り空でそんなに暑くなさそうだと出かけました。
しかし、墓地でお参りを始めるとモワッとした湿気があって暑い。
ちょっと熱中症気味かも・・・と思いながらお参りさせていただきました。
病気になったのか?っと思うほど気持ちの悪い厚さでした。

« ありがたい深い話 | トップページ | ご縁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがたい深い話 | トップページ | ご縁 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック