« 柿 | トップページ | 3連休 »

高雲寺

今朝、7時過ぎに電話。
夜遅い電話、朝早い電話は余りよい電話ではないことが多い。
案の定、枕勤めの案内。
県営住宅にお住まいの方。
電話で応対していた女房が、寺でお葬式をされますか?と問うと、新しいセレモニーホールを利用するとの返事。
県営住宅に住んでいらっしゃるので、失礼ながら大勢の参列者とは思えませんし、お金持ちとも思えません。
もったいないことをされると思いました。
市は棺とお骨箱のセットで15000円、セレモニーホールの棺は金具が付いているだけで4万数千円。
セレモニーホールだと六灯や紙華(四華)にも使用料がかかります。
それらを積み重ねると数十万円の差が出ます。

午後、女房から連絡があり、遺体が正覚寺に運ばれてきて今夜一晩預かることになったとのこと。
県営住宅に遺体を運び上げることができなかったようです。
遺体を正覚寺に預けて、通夜と葬儀はセレモニーホール、厚かましいというか、図々しいというか・・・。

家に帰ってから様子を聞くと、セレモニーホールの職員が寺へやってきて、このまま正覚寺で葬儀をしてはどうかと遺族を説得したそうですが、喪主らはセレモニーホールに固執したそうです。
しかし、一方では細かく経費を節約しようとしているとのこと。
葬儀をビジネスにしているセレモニーホールが、お客を正覚寺へ回そうと説得する、よほど見るに見かねてのことだろうと思われます。
自分たちの姿が周囲にどのように映っているか自覚できない、自分たちの行為が周囲に迷惑をかけていると自覚できない、そういう人間の迷いを見るようです。
セレモニーホールを使ってかっこよく装うとする、この行為がかえって周囲に自分たちの姿を醜くしている、それに気付かなければなりません。
人間、虚勢・見栄を張らずに、素直に自然に・・・、それが大切だと思います。
喪主らの心の中が透けて見えるようでいや~な気分。
女房は1日この人たちの相手をして疲れたようです。
見えるところはできるだけかっこよく見栄を張り、見えないところは節約する。
見えないところに私たちも入ります。
 
  
001
今日の祥月命日、隣寺のご門徒のお葬式のお参りを長男に任せて、枕勤めは役僧さんに任せて、私は敦賀の高雲寺さんの報恩講へ。
小さいながら立派な本堂。

004 
立派な飾りがあります。
 
006  
きれいな壁画もあります。
 
013  
山門もあります。
 
010  
きれいな庭、敦賀市の文化財級の古い大きな木もあります。
 
015  
そして何より、今日は老人会の催しと重なったと言われましたが、本堂にいっぱいの参詣。

風邪気味で喉が痛かったので薬を飲んで、喉スプレーをしながら、道中のサービスエリアでのど飴を買って・・・、喉の調子は整えたつもりでした。
しかし、お勤めを始めると声が出ない、調子が悪い。
せっかく3時間をかけて敦賀まで出かけたのに・・・、十分お役には立てませんでした。
今シーズン初報恩講だったのに残念!
高雲寺のご門徒の皆さん、次回お会いできたらもう少しよいお勤めをお聞かせできると思います。 _| ̄|○
ちょっとめげながら帰りました。

« 柿 | トップページ | 3連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日は乱入し失礼しました。
実は藤本さんにいい声のお勤めだと誉められてとても恥ずかしかったです。
55歳になりましたが、自分ではもう少し吠えることができると思っています。
次に機会が与えられたら、もう少し高雲寺さんの報恩講大逮夜らしく声を響かせたいと思います。

申し遅れました。頂戴した山吹塗の香盒を初めての登高座に使わせていただきました。自分にとって,大きな記念になりました。有り難うございました。

高雲寺住職藤本です。昨日は,本当に有り難うございました。お忙しい中を遠距離を走っていただきました。
報恩講のいわゆる参り合いのないこの地で,初めて,4人もの法中の参内を得て(豪華な?)お勤めがかないました。そして素晴らしい声明に,門徒さん方みなさんビックリ。この暖かなご奉仕に感謝感激でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿 | トップページ | 3連休 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック