« 京都へ | トップページ | 好き放題 »

京都(2)

001 
夕べは居心地のよい居酒屋のおいしい料理、お酒でかなり飲みました。
酔っ払いながらも二日酔いを心配、覚悟していましたが、今朝は大丈夫。
よいお酒だったようです。

ホテルを出て、まず壬生寺へ。
壬生寺は、本堂などは拝観できず、新撰組のお墓などを見学しました。

 

004  
壬生寺のお向かいのお寺、禅寺です。
ちょっと変わった屋根で、こんな屋根もよかったかなぁ~!って。
お金の心配がなくなった今だから思えることですが・・・。

 

Im_main  
これも壬生寺のお向かい。
きっちりと制服を着たガードマンが門前の落ち葉を掃いています。
何だろうと思って門の掲示を見ると、「京都市指定有形文化財 旧神先家住宅」とあります。
ガードマンさんが、根付(ねつけ)の博物館になっていますと教えてくれました。
“ねつけ”って何?っと思いましたが、女房が興味を示したので入ってみることに。
拝観料1200円。
高い!っと思いましたが、入館。
入館してしばらくしたらその入館料も納得!
まず、文化財の建物がとてもきれいに整備されています。
そして根付(ねつけ)、小さなアクセサリーほどの大きさの彫刻(?)が所狭しと並べられています。
見応え十分。
入館時に、よろしかったら次回のご案内を差し上げますからお名前をどうぞ、と言われたのを辞退したのですが、帰りには記帳して来ました。

 

006  
続いて東本願寺へ。
先日寄進されたばかりの梵鐘。
ピカピカでした。

008  
これから修復工事の始まる阿弥陀堂素屋根内を見学。
御影堂の工事の際にも見学しているので、ずいぶん小さいという感想。

009  
修復が完了した御影堂の屋根も間近で見学できます。
ご門徒の方には良いサービスだと思いました。

010  
境内には、鸞恩くん、蓮ちゃん、赤本くんの着ぐるみが人気。
記念撮影や握手に応えていました。

011  
銀杏の黄色がきれいでした。
駐車場への通路で出会う職員、参勤の僧侶が、出会う人に、ご苦労様です、と挨拶をします。
その姿が新鮮でした。
そういう当たり前のことが当たり前でなかった本山。

 

110_2
昼食や買い物を済ませて帰路へ。
途中、湖東三山の一つ金剛輪寺へ寄りました。
「血染めの紅葉」言われるとおりの鮮やかな紅葉を堪能しました。

116

 

021_2
帰路の北陸道、今庄トンネル内で事故。
その影響で渋滞。
9時過ぎに帰宅しました。
有意義な旅行でした。

« 京都へ | トップページ | 好き放題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック