« 6七日 | トップページ | ノルウェイの森 »

受験・挫折

002 
今日はお参りが休み。
のんび~りするはずでしたが、義兄の史料調査報告書作成のお手伝い作業。
パソコンに原稿を打ち込んで、レイアウト作業。
肩がこったのと冷え込みで五十肩が痛みだします。
で、夕方は友達の鍼灸院へ。

 

005  
今夜はたのもし講、正月なので新年会。
二次会で1浪の受験生のいる後輩と隣同士になります。
3男の同級生のお父さん。
成績が優秀なので、元々文系だったのを理系に切り替えて医学部を目指しているとのこと。
センター試験を前にしてもう一年浪人させて欲しいと言っているとのこと。
昨年息子が1浪した上で国立大の歯学部に合格した後輩が、息子の合格を信じてやるべきだと言います。
私は、それはそれで間違っていないと思います。
しかし、夢、目標、理想を達成出来るものは一部です。
努力したからといっても、それが必ずしも報われるとはかぎりません。
多くのものが挫折をしながら人生を歩んでいます。
目標に向かって頑張る、それは悪いことではありませんが、浪人を重ねれば重ねるほど本人は引っ込みが付かなくなります。
医者としての人生は素晴らしいと思います。
しかし、医者としての人生が幸せとはかぎりません。
成績優秀な受験生が最高峰の国立大医学部を目指す気持ちは当然といえます。
だけど、違う価値観もあることを教えてあげるのが親の仕事ではないか。
頑張れと励ますのは予備校の先生、他人でもできる。
挫折した息子を受け止めてやれるのは親しかいないんじゃないか、そんな話しをさせてもらいました。
これから入試の時期。
目標を達成して喜びを味わう受験生のいる一方で、不合格で挫折をする受験生が生まれる時期です。
挫折も貴重な経験だと思います。

« 6七日 | トップページ | ノルウェイの森 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック