« 独居老人 | トップページ | 休み »

高齢化社会

006  
昨日は冷たい風が吹いていましたが、日なたにいるとポカポカと背中が暖かい天気。
午後3軒の月忌。
3軒目のお宅は自営業をされています。
ご主人のご両親は亡くなられたのですが、奥さんのお母さんはご健在です。
昨年末、そのお母さんが老人養護施設に入居されたいと言われるので、手続きをして入居されたそうです。
ところがお母さんがなかなか施設に馴染めず毎日のように電話がかかってくるそうです。
どうして母親の面倒を見てあげることができないのだろうと自責の念が沸くとのこと。
認知症がなければ自宅で面倒を見てあげることも可能だと言われますが、面倒を見る奥さんも心臓やその他病気を抱えておられるので認知症のお母さんの介護は不可能だと思われます。
精神的に参っているとおっしゃいます。
高齢化社会の問題で、辛い話しです。

夕方6時からご法事がありました。
5時半から輪島市主催の同窓会があったのですが、そちらは欠席。
僧侶・住職というのは自分で予定の立てられない仕事、仕方がないです。
2次会に合流しました。

« 独居老人 | トップページ | 休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック