« 墓守の跡取り | トップページ | 放射能汚染 »

花粉が飛ぶ、放射能も飛ぶ

002 
今日はよい天気。
屋内はひんやりと寒いですが、風がないので日向は暖かい日でした。
昼過ぎに高洲山の麓のご門徒へお参り。
567mの高洲山ですが、山にはまだ雪があるようです。

 

009  
先日に続いて七ツ島。
花粉も多く飛んでいるようです。
車が黄色く汚れていました。

 

010  
どこへ行っても話題は震災と原発事故。
輪島でも旅館や飲食店のキャンセルが多く出ているようです。
正覚寺でさえ墓参のキャンセルがありました。
全国に影響・被害が出ていると思われます。
原発事故が沈静化しなければ復興に集中できない、誰もが思うことです。

« 墓守の跡取り | トップページ | 放射能汚染 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福島原発の放射能を理解する
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

「アメリカのBen Monreal教授が非常に良い解説を作ってくれました。もちろん個人的な見解ですが、我々ツイッター物理クラスタの有志はこれに賛同し、このスライドの日本語訳を作りました。能力不足から至らない点もありますが、皆さん、これを参考にして自分の周り(家族、近所、学校など)で国民の不安を少しでも取り除くための「街角紙芝居」に出て頂けませんでしょうか」

でも日本政府の対応にはがっかりしてます。阪神大震災以降の震災の経験がちっとも生かされてない、、、自治体から要請が無いから乾電池を被災地に送ってませんって、、。その上に「ガソリンをプールに保管したら」(気化して危ないっ!)「サマータイム導入しては?」(導入するのにありとあらゆるプログラムをアップデートしなきゃいけなくて尚更混乱を生むでしょ。やるなら最低でも2~3年計画でやらなきゃ意味なしだって)と突っ込みどころ満載の発言オンパレード。
ニュースチェックしてて嫌になります。

中国で何十回も核実験は行われていて、黄砂があれだけ日本に飛んでくるくらいだから、日本にも放射性物質は実験のたびに飛んできたでしょうが、皆普通に暮らしていました。。。。別にこの事故を軽く見ろ、放射能汚染は大した事無いというのではありません!が、1000万人強の関東にいる人々を恐怖に落とし入れてパニックを起こさせることのほうが、私は怖いと思います。
1000万人がパニックになったらそのことで死ぬ人の数のほうが今後癌にかかって死ぬより多いでしょう。
冷静に沈着に日常をこなしていく、しかないのだと思います。「直ちに健康に影響はない」は嘘でもいいんです。嘘も方便。(実際明日癌にかかって死ぬわけじゃないから強ち嘘とは言えないし)

この記事へのコメントは終了しました。

« 墓守の跡取り | トップページ | 放射能汚染 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック