« 埋め立て地 | トップページ | スーちゃん亡くなる »

世論調査

Photo 
今朝の北陸中日新聞。
マスコミ各社の世論調査の結果報道されていました。
約半数かそれ以上の人が増設・現状維持という結果の驚きました。
しかし、それも当然かと思いました。
日本の原発は絶対安全、温暖化防止・CO2対策に、資源のない日本では原発に頼らざるを得ない、原発の電機は安い・・・そんな謳い文句で推進され、日本人はすっかり原発信者になっていました。
事故が起こっても、東大をはじめ立派な肩書きの先生たちがテレビで安全・安心・大丈夫を繰り返しました。
政治家は電力会社や関連企業から献金や票をもらっています。
マスコミは電力会社や関連企業からコマーシャル・広告をもらっています。
大学は電力会社や関連企業から研究費をもらっています。
そんな社会の構図が今回の事故で思い知らされました。
情報のほとんどがマスコミによって伝えられます。
世論もマスコミによって作られている、そうとも言えます。
一億総玉砕という狂気の時代は過去のことだと思っていました。
しかし今、エネルギー、原発政策で同じようなことが起こっているように感じました。
日本という国、どこへ向かおうとしているのか不安に思いました。

280842015_1
twitterで見つけた図、わかりやすいので使わせて頂きました。

« 埋め立て地 | トップページ | スーちゃん亡くなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック