« 再臨界 最悪のシナリオ | トップページ | 桜咲く »

選挙は民度

Ht20110211401 
昨日は石川県議会議員選挙が行われました。
残念ながら私の友達(先輩)は落選してしまいました。
今回の選挙、異常な選挙だったと思います。
それは市長の辞職騒動http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20110211401.htm
市長による私の友達(先輩)への不出馬説得工作。

(公職の候補者及び当選人に対する買収及び利害誘導罪)
第二百二十三条  次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。
一  公職の候補者たること若しくは公職の候補者となろうとすることをやめさせる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者に対し又は当選を辞させる目的をもつて当選人に対し第二百二十一条第一項第一号又は第二号に掲げる行為をしたとき。

A、B,両者が立候補の意思を固めたが、同じ地盤であった為、いずれかの中、一人に絞り込むことが市町村の円満を期する為必要とCがAに対して立候補を止める様にと懇談をした事は、Bの当選を斡旋したこととなり、選挙運動(事前運動)となるのか。
CがBの当選を斡旋する事情がある場合に限り違反行為と認められる。
特定の候補者のために立候補を止めさせる斡旋行為は違反行為と認められます。

私は市長の行為は明らかな公職選挙法違反だと思いました。
そこには何があるのでしょうか?

北朝鮮にも最高人民会議という国会があります。
選挙区があって選挙が行われるようです。
ただし、各選挙区に候補者は一人ずつ。
結局選挙とは名ばかりで信任投票でしかありません。
今回、梶市長が行った行為は、現職を無投票当選させようとするもの、北朝鮮以上です。
北朝鮮で行われている政治は、国民のための政治ではありません。
将軍様のために国民が使われる政治です。
市長の行為は、輪島の政治も権力者のための政治が行われる状況にあるということを表していたのだと思いますが、市民にはそれが見えなかったのでしょう。
それがまず残念でたまりません。

次に、私の友達(先輩)陣営の選挙が市民の良識に訴える選挙ができず、旧来のお願いします、頼みますという選挙しかできなかったことが残念です。
市長の異常な行動、産業廃棄物最終処分場建設計画が進められていることなど、市民の良識に訴える材料を十分に活用できなかったことが悔やまれます。
昔ながらのお願いします、頼みますの選挙では、組織力の争いになってしまい、組織の小さい方が負けるのは当然です。
そして、お願いされ、頼まれれば深く考えずにその通りに投票する市民でしかなかった、そのことも残念です。

「民度以上の政治は行われない」「民度以上の政治家は出てこない」そんな言葉を眼前に見た思いです。

そうそう、この市長、原発反対運動や埋立て反対運動などを共にしてきた仲で、市議会議員時代から親しくし、ずっと応援してきました。
この人を市長にしてきた責任の一端は私にもあります。
そんな人がこのような市長になってしまう。
多選というのは良くないと思い知りました。

« 再臨界 最悪のシナリオ | トップページ | 桜咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック