« 独裁政権??? | トップページ | 再臨界 最悪のシナリオ »

晩発性の障害

001 
午前中は3回忌法要、午後は50回忌・1周忌法要、そして夜はお通夜。
しばらくぶりにちょっと忙しい1日でした。

今日も多くの福島原発がらみのニュースが流れました。
中日新聞 : 小出裕章
 「ただちに影響が出る量ではない」 = 「一度に150ミリシーベルトの被ばくで起きる急性放射線障害ではない」 微量の放射性物質であっても、被ばくの総量によって晩発性の障害、がんは発症する。
 なぜ推進されるのか。
 「核兵器を持つというより、その製造能力を維持するため、としか考えられない。原発を推進すれば、その技術と材料であるプルトニウムが手に入るのだから」
 「事故は進行中で、どれだけ被害が広がるかはわからない。原発が生み出した電機の利益を全部投げ出しても足りないだろう。原発はそういうばかげた物だ」

なぜ、原発近くの野菜は買ってはいけないのか? 武田邦彦 http://bit.ly/gVhhlz
ここ半年ぐらいは、「基準値以下でも、できるだけ被曝を避ける生活」が大切です。
できる範囲で被曝を減らすこと、これが放射線防御の基本です。

« 独裁政権??? | トップページ | 再臨界 最悪のシナリオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック