« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

疲れました

Hari
今朝はご門徒のお世話方から5時半に電話。
知り合いの方が正覚寺を会場にお葬式をされたいとのこと。
川向こうの先輩のお寺のご門徒とのことでした。

午前10時からお葬式。
一旦帰宅して還骨のご連絡を待ちます。
午後1時頃電話があり、これからお骨拾いに火葬場へ向かうとのこと。
ただし、還骨のお参りは午後2時からにしてほしいとのこと。
午後2時頃にお宅へ伺うと、親戚や町内の方々はいらっしゃいますが遺族の方がいらっしゃいません。
写真もお骨も未着です。
2時過ぎに遺族の方が遺骨や写真を抱えて帰って来られます。
故人が好きだった田んぼや海を回ってこられた様子。
若くして亡くなられたご主人、お父さん、弟・・・、それぞれ遺族の立場で気持ちの踏ん切りがつかないのでしょう。
気持ちはよく分かります。

還骨・中陰(初七日)のお参りを終えて、散髪へ。
散髪屋さんのテレビ、ミヤネ屋。
話題は内閣不信任案提出について。
コメンテーターが、総理大臣が交代して今より少しでもよければいいという趣旨の発言。
私も菅総理大臣の原発事故の対応がいいとは思っていません。
しかし、菅総理大臣辞任後に誰が総理大臣になるかわかりません。
総理大臣が交代したらよくなる、それは誰にもわからないこと。
今より悪くなる可能性だってあります。
コメンテーターの発言は間違っている、そう思いながら散髪をしてもらいました。
目をつむってひげを剃ってもらっていると眠い。
ウツラウツラと居眠りをしたように思います。
夕方は友達の鍼灸院へ。

憂鬱

004_2
午前9時からお葬式。
川向こうのお寺のご門徒。
終わって報恩講のお参りが1軒。
早めの昼食をいただいて留守番。
女房は坊守会(お寺の奥さん方の会)の学習会。
夜は胃ガンで58歳で亡くなられた方のお通夜。
私の3歳年上。
我が家もガンの家系。
他人事と思えず、何となく憂鬱。

眠い

今日は町内の530運動、側溝などの清掃奉仕。
私は本堂で満中陰(忌明け・四十九日法要)。
町内の会の世話役をしているので、正午から正覚寺の広間で慰労会。
夕方からお参りがあるので少しだけビールのお付き合いをしたのですが、眠たい。
旅行の疲れがあるのでしょう。
我慢していたのですが、午後2時過ぎに限界だと思い休ませてもらいました。
午後6時から58歳で亡くなられた方の内輪のお通夜。
胃がんでした。
続いて4七日(中陰)のお参り。
会の仲間が集まっていたのでお参り後の接待にもお付き合い。
帰って入浴。
そういう一日でした。

相模原経由

M100624_3

午前9時過ぎに次男が住む家を出発。
同じ町内の兄夫婦の住む横浜正覚寺へ徒歩7分?
兄夫婦に挨拶をして3男が住む相模原へ。
隣のマーケットの駐車場。
小雨が降っていましたが、ガイガーカウンターの値が上がり気味。
輪島の家の中だと0.12マイクロシーベルトなのですが、0.15~0.18マイクロシーベルト。
ちょっと気持ち悪い。
マーケットやドラッグストアで買い物をして定食屋で昼食。
味もボリュームも満点。
そして帰路に。
カーナビの指示に従って八王子から中央高速、長野経由で上越から北陸道、富山で高速を降りて氷見経由で、予定より1時間早く午後8時過ぎに我が家へ。
荷物を下ろして隣の居酒屋へ。
3番続けて反省会。
反省することの多い夫婦なので・・・。

横浜へ

Map
8時半過ぎに上田駅前を出発。
田舎者なのでできるだけ高速を使ってと練馬で降りずに川口方面へ。
湾岸線を使って横浜へ向かうつもりが、ナビの指示に従って走って、新宿渋谷方面へ。
山下通という長い地下高速でナビが動かない。
分岐で判断を間違えて渋谷方面へ。
渋谷で高速を降りるというトラブル。
そこから何とか第3京浜に乗って横浜へ。
12時過ぎに横浜到着。
兄夫婦の帰りを待って一緒に近くのそば屋へ。 
真庵
普通のそば屋なのですが、ちょっと驚き。
私は冷やしタヌキとミニカツ丼のセットメニューを頼んですが、届けられてビックリ!
大きな器いっぱいのそば。
輪島のそば屋以上の大盛り。
そばだけで満腹になりそうなのですが、ミニカツ丼に煮物のおかず、、お新香。
とても食べきれませんでした。
午後は兄と法事の打ち合わせ・相談。
女房は次男をお供に買い物。 coldsweats01
夜は兄夫婦はお通夜。
私たち夫婦と次男は大船の居酒屋へ。

信州へ

003
午後1時からお葬式。
お参りさせていただいていると故人の笑顔で話される声が聞こえるように思いました。
私も住職として30年余りになったので、長くお付き合いをさせていただいた方のお葬式にお参りさせていただくこととなったので・・・。
還骨(お骨上げ)・中陰(初七日)は若院(長男)と役僧さんにお願いして、信州上田に向けて走りました。
本来は横浜へ行くはずだったのですが、途中の上田で1泊することにしました。

 

006  
ホテルの1階の居酒屋で夕食兼寝酒。

携帯を機種変更

24175094

午前中は今夜のお通夜の準備。
法名を考えて墨書。
終えて女房と作業をしていると友達の左古ちゃん登場。
現れてもいいはずなのに来ないなぁ、と思っていたのです。

午後は祥月命日、年忌法要がそれぞれ1軒ずつ。
帰ると友達のやよいちゃんが女房とお茶。
私もアップルパイと紅茶をいただきました。
私は甘いものが苦手ですが、アップルパイは好物です。

夜はお通夜でした。

休み

003_2

お向いさん、玄関先で工事。

今日はお参りが休み。
ネットをしたり、漆塗りをしたり。
昼過ぎは高校の同窓会の理事会。
毎日休みだったらいいのに・・・、ずっとそう思いながら生きてきたように思います。
毎日休み、そうなれることが楽しみです。

枕勤め

001

午前中は空き。
で、漆塗り。
始めるととっても楽しみ。
でも、1時間半で止めました。
あくまでも趣味、趣味で疲れ果てても褒めてはもらえません。
って、実は5年ほど前、夢中になりすぎて診療所のお世話になったことがあります。

昼過ぎに満中陰、納骨。
帰って3時、小出・後藤・石橋・孫という超豪華メンバーが呼ばれた 行政監視委員会 を途中から。
私のとっては初体験の夢中になれる国会中継、国会もこんな活動ができるんだと思いました。

夕食をいただいて、風呂に入って、明日は休みだし・・・とのんびりしていたら電話。
近所の方が亡くなったとのこと。
風呂上がりの汗もひいていなかったのですが着替えて枕勤めに。
たぶん明日(24日)明後日(25日)という日程だろうと思って伺ったのですが、お勤めが終わってお聞きするとセレモニーホールの都合で明後日(25日)明明後日(26日)とのこと。
セレモニーホールにこだわられたようです、私より先にセレモニーホールの職員の方が準備を整えておられました。
26日は出かける予定があったのですが、住職は自分で予定が立てられない立場、中止にするか遅れることにするか・・・。

002

寒い

昨日は最高気温が27℃で夏日でした。
今日は最高気温が16℃、寒い1日でした。

午前中は月忌が2軒。
午後は17回忌の年忌。
夕方は漆塗りを少し。
夜は月忌が1軒。

お参りを終えて入浴。
浴槽に浸かっていると救急車が走ります。
すぐ前で止まったように聞こえました。
しかし、窓に赤色灯が映ってはいません。
風呂から上がって女房に聞くけれども気がつかなかったと言います。
おかしいなぁ?近くではなかったのだろうか?
どうも気になるので玄関脇の窓から外を見ると、なんと正覚寺の入り口に救急車が。
間もなく出て行ってしまったので誰が乗られたのか分かりませんでした。
気候が急変しているので体調を崩されたのかもしれません。

暑くなりました。

001

庭の西洋シャクナゲ、満開です。
 

004

玄関先のテッセン。
女房が、なにも世話をせず水も与えないのにちゃんと咲いてくれるね、とのこと。
その通りだと思います。

 006

暖かくなってというより暑くなって亀ちゃんも食欲が出たようです。
えさを食べるようになりました。
亀ちゃんばかりではありません、金魚やメダカも。
コタツも撤去されました。
人間も同じです。

今日は休み

007

まず、物置に溜まっていた処分品の仕分け・分類作業。
毎回、こんなに溜まる前に処分をしようと思うのですが・・・、ついつい・・・。

午後は、漆塗り。
今日から始めました。

夕方は1ヶ月ぶりに鍼治療に。
風邪のひどい時にくればよかったのに・・・と言われ、そうですよね。

メダカの引越し

001 
使わなくなった火鉢を水槽替わりにしてメダカを飼っていたのですが、お向かいさんから水槽をもらったのと何箇所も世話をするのが大変になってきたので、水槽と池にメダカに移動してもらいました。

 

003  
メダカ用の小さな池。
水も少し入れ替えました。
ついでに金魚の池も少しだけ水を入れ替えました。

 

006  
お向かいさんから戴いた水槽。

午後は月忌が3軒。
夜は隣の居酒屋で530運動-町内の側溝の清掃の慰労会の打ち合わせ。
今年は明和会という町内の会の世話役をしています。

ボチボチと

今日は午後に月忌初めが1軒。
例年、2~3月にお参りさせてもらっているお宅なのですが、今年はどうしてかこんな季節に・・・。
夕食後7時半から中陰・5七日。
つい先日105歳のお婆さんのお葬式にお参りさせていただいたと思うのですが、もう1ヶ月が過ぎました。
来週は満中陰の法要を勤めて納骨をさせてもらいます。
あいかわらず体調はイマイチですが、ボチボチと・・・そんな1日でした。

吉野へ

015 
明日香から吉野へ。
金峯山寺、檜皮葺き東大寺大仏殿に次ぐ木造大建築。
よくこの山の中にこんなに大きなお寺を・・・と驚きました。

 

027  
金峯山寺から細い山道を20分ほど山頂に。
金峯神社。

 

030  
吉野水分神社。
残念ながら本殿は屋根の改修工事中で見学ができませんでした。
この神社は金峯神社から少し下ったところにありますが、それでも深い山の中には違いありません。
その神社の前に数件の集落。
この山の中でどのように生活をされているのだろうと思いました。

 

034  
金峯山寺の近くまで下って吉水神社。
源義経が弁慶らと身を隠したこと、後醍醐天皇の行宮であったこと、豊臣秀吉が花見の本陣とした等伝説のある神社とのこと。

 

043  
吉野から下って明日香村辺りで昼食。
いかにも関西らしく奈良もそばではなく手打ち・手造りうどんの店が多い。
手造りうどんという看板に釣られて店に入る。
麺をゆでるのに30分の時間がかかるとのこと。
おいしくいただきました。

 

053  
法隆寺へ。
吉野は、桜のシーズンが終わって、小中学校の遠足の子どもたち以外はほとんど観光客に出会うことはありませんでしたが、さすが法隆寺、修学旅行の生徒で溢れていました。
2時間ほどかけて見学。
国宝・重要文化財の宝庫であることに改めて驚きました。

 

054  
帰りのサービスエリアで出会った神戸の警察の車列。
北陸自動車道経由で東北の災害支援に向かうのでしょうか?

高松塚古墳壁画一般公開

Takamatsuduka 
高松塚古墳の壁画の一般公開の拝観に。
去年はキトラ古墳の壁画の一般公開を拝観しました。
去年は、京都の南、田辺から奈良を通って樫原・明日香へ向かったのですが、今回は奈良を通らずに大阪経由で高速道路で。
速く便利になったことに驚く。
高松塚古墳壁画、見に行ってよかったと思いました。
去年はレプリカを見学したのですが、ガラス越しに10分間とはいえ生々しい実物はわざわざ出かける値がありました。

 

006  
ホテルへ入る前に樫原神宮を見学。
きれいに整備された大きな神社に驚き。

琵琶コンサート

086_2  
旅館で新婚さんたちと別れて帰りました。
昼食後年忌法要のお参りに。

095  
お参りを終えて隣寺へ。
琵琶や琴のコンサートに。
半分眠りながら聞かせて頂きました。

結婚式

047 
私はもうろうとしながらも1週間ぶりに社会復帰。
今日は女房の実家の甥の結婚式。
寺なのでもちろん本堂で仏前結婚式。
式を終えて40~50分の距離を移動して温泉旅館で披露宴。
私たちはそのまま宿に泊めて頂きました。
9日ぶりにお酒を頂きました。

しんどい

005 
今日は60Km離れた七尾市までご法事に。
風邪と薬でボーッとしていましたが、お経の声は出るだろうと出かけたのですが・・・。
お参りを始めると声は最悪の状態。
申し訳ありませんでした。
長男に交代してもらえばよかったと反省。

帰ると昨日お葬式をされた方がお礼参り。
皆からいいお寺でお葬式をしてもらったと言われたとのこと。
ご門徒からそのように言って頂くのが住職としては何よりうれしい。

抗生物質

001 
今日は満103歳で亡くなったお婆さんのお葬式。
還骨・中陰の後、満63歳で亡くなった方の百か日のお参り。
「老少不定、われや先、人や先、今日ともしらず、明日ともしらず」の現実があります。

 

004  
夕方、のどが痛くて声が出なくなってしまったので診療所へ。
たいしたことないと言われると思っていたのですが、抗生物質が処方され自覚症状以上に重傷だったようです。
少し休みがあるとありがたいのですが・・・。
友達のお母さんが亡くなったとの連絡もありなかなか休ませてもらえません。

お葬式・お通夜

002_2 
午前中はセレモニーホールでのお葬式。
正覚寺門徒としては久々に参列者の多いお葬式でした。
そして今夜は、正覚寺本堂でお通夜。
満103歳のお婆さんのお通夜。
百人あまりの参列者で本堂はほぼ満席でした。
終わってお風呂に入って晩ご飯兼寝酒。
「ハガネの女」という小学校の女性教師が主人公のドラマを見る。
ドラマとはいえ子どものイジメに腹が立つ。
私が教師だったら、許せないという感情が前に出て冷静には対処できないと思う。
原発問題も同じです。
利権に群がる政治家・学者・官僚・マスコミ・電力会社達が市民を踏みつける。
許せない。
そこで、自ら踏みつけられる市民もいる。
それが情けない。

甘い想定

Osk201105040037 
ユッケによるとされている集団食中毒、とうとう死者が3人という大事件になってしまいました。
被害者の人達、294円のユッケがよもや命がけの食事だとは思わなかったでしょうね。
経営者の社長も同じでしょう。
こんな事になるならチェックを厳しくすればよかった、もっと安心できる食材を仕入れておけばよかったと後悔しているでしょう。
想定外の事態でしょう。
しかし、提供するのは生肉、値段が安いから・・・そんな甘えは許されません。

原発も同じだと思います。
絶対に起こしてはいけない事故を起こしてしまいました。
起こってしまえば甘い想定ばかり。
そして、事故の対応も甘いと思います。
その甘い対応を許してしまう国民・市民。

お葬式が続く

004 
今日はお葬式。
御導師の住職さん、連休で関西からお参りに来られる方があるとのこと。
よろしかったら・・・と申し出て、還骨・中陰は私がピンチヒッター。
そうこうしているとご門徒から電話。
胃がんで療養中だったお父さんが亡くなられたとのこと。
引き続き枕勤めに。
夕方から隣の仲良しさんとバーベキュー、夜はまだ寒かった。

お葬式、そしてお通夜

004 
今日はお葬式。
暖かくなったのでスクリーンを上げると、いつの間にか庭に花が咲いています。
真ん中に写っている白い花は水芭蕉です。
雀やカラスと違う鳥の姿も・・・。

 

007_2  
お葬式、還骨・中陰を終えるとお通夜の準備。
輪島から南へ60Km、七尾市のお寺のご門徒。

昨日からコメントお断りにしました。
ごめんなさい。

田植えシーズンなのですが・・・

024 
金沢近郊まで納骨のお参り。
お内仏(お仏壇)でのお参りの時間は降っていなかったのですが、納骨の際は小雨ながら風雨でした。

 

086  
往復で見る山々は若々しい緑。
連休と言えば田植えのシーズンなのですが、今日は田植え風景を見ることはありませんでした。
まだ寒い、異常気象です。
夜のニュースによると、千枚田では観光客の田植え体験が行われたとのこと。
これはイベントですから日程を変えることはできませんからね。

 

087  
今夜はお通夜。
街外れのお寺のご門徒。
参列者20~30人でした。
こういうお葬式が続きます。

 
これまで批判を含めてコメントを受け付けてきました。
しかし、批判にもなっていない幼稚園児の雑言罵声レベルのコメントになりました。
私の何が気に入らないのか、何を批判したいのかすら理解できません。
当分、コメントは受け付けないことにしました。
その設定変更の際、これまでのコメントが表示されなくなってしまいました。
申し訳ありません。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック