« 99年の愛~JAPANESE AMERICANS | トップページ | 訃報が2軒 »

クレーム

Hagaki_3
ご案内のはがき、10通以上が届かずに戻ってきます。
数年の間に引っ越しをされて連絡が付かなくなってしまったということ。
このようにしてご門徒とのご縁が切れていきます。
これも過疎地の寺の現実です。

金沢の親戚のお寺を通じて漆器の修理を依頼されました。
親戚のお寺のご門徒の方。
品物は、お屠蘇や結婚式で使う銚子。
正覚寺のご門徒の漆器屋さんにお願いしました。
7月に依頼を受けて11月にお届けしました。
数ヶ月かかったのでどれだけ経費がかかったか心配していました。
数万円でした。
数万円で修理できたとは思えないほど立派になっていました。
どんなに喜んで下さるだろうとお届けしました。
今日、親戚のお寺から電話がありました。
修理品の依頼主の方が苦情を言ってこられたとのこと。
修理費の数万円が高かったとのこと。
数千円で修理ができると思っていたと・・・。
数万円でも超格安だと思うのですが・・・。
見積もりが欲しかったと・・・。
それならそうと見積もりが欲しいと言われればよかったのに・・・。
それに金沢にも漆器屋さんがあるのですから、直接漆器屋さんに見積もりを依頼されればよかったのに・・・。
その上、もうひとつ同じ品物があって対だったのに、違うものになってしまったと言われます。
対の片方だなんて初耳です。
対の品物の修理を依頼するなら、たとえ片方だけを修理するにしても、対だから同じようにして欲しいと対で預けるものではないでしょうか?
対だと言われる片方の品物は、立派な桐箱に入っているそうです。
どうもおかしい。
私が預かった修理品は汚く黒ずんでしまった段ボールに入っていました。
対の一方は桐箱、一方は汚い段ボール箱。
まだ不思議なことがあります。
対の一方だけを使って痛むということはあります。
しかし、毎日使う日用品なら、極端に差が出ると思いますが、品物は銚子。
年に一度使うか使わないかという品物。
数十年使用しても、使った回数は数十回。
一方がきれいで、一方の痛みが激しい。
おかしい。
この人、クレームをつけてくる割にその品物の値打ちが分かっていない、品物のことが分かっていない。
失礼ながら、無知なのか、クレーマーなのか・・・、困った人です。
親戚のお寺は、クレームに、修理の経費を返したそうです。
親戚も私もお世話をしただけで何の利益もありません。
喜んでいただきたくてお世話をしたのに、逆にクレームをつけられました。
私たちにとっては言われなきクレーム。
こういう事があるとお世話をしたくなくなります。

« 99年の愛~JAPANESE AMERICANS | トップページ | 訃報が2軒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック