« ツタンカーメン展 | トップページ | インフルエンザ菌 »

やっつけ仕事は嫌いです

004

午前中はゴロゴロと。
スタッフさんたちは午前10時前から。
私も11時半に昼食を済ませて準備。
30分前に待機すれば十分、そう思われるでしょうがそうでもありません。
早めに一度チェックをすれば色々気づくこともあるし、色々できることもあります。
会場としてお貸ししている住職としては、できるだけのことはしてあげたいと思います。
正覚寺のスタッフさんたちは正覚寺のために一生懸命勤めて下さいます。
しかし、僧侶ではなく、儀式のプロではありません。
チェックをしてあげるのはプロである僧侶の責務でしょう。
おいでいただく住職さんたちにもできるだけスムーズにトラブルなくお参りいただくためにも・・・。
お前は葬儀屋か、サービス業かとの批判もあると思いますが、私は正覚寺の住職として、僧侶として、できるだけ本来あるべき姿でお葬式をしたいと思っているだけです。
ましても正覚寺はセレモニーホールではない寺院です。
プロである住職がいるのですからいい加減なことはしたくありません。

セレモニーホールでも同じだと思います。
専門家ぶる職員の言いなりになるのではなく、僧侶がチェックをしてできるだけ作法にかなった儀式を行うべきだと思います。
逆に、そんなことどうでもいいだろ?っと思うことにこだわる住職・僧侶もいますが・・・。

最後まで残っていたスタッフ・マネージャーさんら二人が帰ったのが午後4時半頃。
それから鍼灸院へ。
女房は買い物に。
鍼灸院では押さえられるツボがいつもより痛い。
疲れているのか、体調が悪いのか・・・。

« ツタンカーメン展 | トップページ | インフルエンザ菌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック