« 平泉 | トップページ | 吾妻小富士 »

南相馬から飯舘、福島

0152

夕べは10時すぎに寝た(?)せいとトイレで3時30分すぎから寝られない。
ベッドの中でタブレット。
6時半すぎに朝風呂、その後朝食。
7時半すぎに部屋へ帰ってレンタカー会社に電話。
駅レンタカーは、予約でいっぱい。
トヨタレンタカーは、営業時間前。
ニッポンレンタカーで車を確保。
8時半すぎにレンタカーで仙台駅前を出発。
松島へ。
私は昨秋、町内の会で観光したのですが、女房が行ったことがないというので…。
9時半すぎに松島到着。
10時発の観光遊覧船。
 
 
 
 
 
0232
牡蠣の養殖。
昨秋はこういう姿を見ることができませんでした。
 
 
 
 
 
0632
 
11時頃松島を出発して、仙台空港へ。
買い物と昼食を済ませて、午後1時すぎに仙台空港を出発。
昨秋の町内の方々と同じだと思われるルートで海岸添いを走る。
ガレキを運ぶダンプが往来する道を走る。
何度か海岸へ出ようとするが、処分場になっていて進入禁止だったり、行き止まりだったり…。
昨秋は津波で破壊された家屋が多く見られましたが、きれいに片付けられていました。
広大な原っぱにがれきの山、山、山。
その景色は、昨秋よりも悲惨に感じました。
相馬市から南相馬市へは国道6号線を。
南相馬市南部に入ると様子が変わる。
屋根のブルーシートが目立つ。
どうも留守の家らしい。
原発事故で避難されているお宅なのでは…と推察しました。
もうすぐ浪江町というところで検問。
そこでUターンをして福島へ向かう。
 
 
 
 
 
 

0732

ナビの誘導に従って山道を走ると行き止まり。
Uターンして別なルートを走るが、またも行き止まり。
そこでガイガーカウンターから警告音。
0.6μsv/hとのこと。
慌てて北に向かいました。
カーナビに従い、南相馬から飯舘村ルートへ。
飯舘村へ入ってすぐのトンネル入り口で、再びガイガーカウンターの警告音。
トンネルに入るとすぐに警告音は止まる。
トンネル入り口にホットスポットがあったらしい。
飯舘村内を走るが、なんとなく雰囲気がおかしい。
女房が言う、作業員はいるが、生活者の姿がないと。
言われて、気づく。
田畑は荒れて雑草だらけ。
ビニールハウスも、骨組みだけでビニールがなく、雑草が生えている。
商店も開いている様子はなく、歩いている人も、田畑などで働く人もいない。
ただいるのは工場などの作業員だけ。
放射線量が高いようす。
村民の多くが避難しているのでしょう。
川俣町に入ると下校する子供たちなど普通の生活者の風景。
午後5時半頃、福島駅前着。
レンタカーを返却してホテルへ。

Sdsc_0010
ホテルフロント脇のPCを使って食べログで居酒屋を検索。
スマートフォンのナビで出かける。
お店を探し当てて入るが予約で満席だと断られる。
しかたなくホテルにあったチェーンの居酒屋で辛抱するかと歩いていると数件の居酒屋。
どれにしようかと少し迷った結果、地元の人らしき方が数人入店。
ここと決めて私たちも入店。
メニューを見て失敗したか、ダメなら1杯飲んで店を替えようと思う。
値段がめちゃくちゃ安い。
とりあえず生ビールを注文。
ビールに続いてつきだしが出される。
魚の煮付け。
何の魚か分からないが美味しい。
聞くとカツオ。
店は当たり。
生牡蠣、おいしい、牡蠣自体の味が濃い。
〆鯖、生々しくて旨い。
スジ煮、独特のあっさり味で旨い。
串焼き、だし巻き卵・・・。
何を食べても旨い、レベルが高い。
だし巻き卵はなぜか100円。
呑んで食べて二人で6000円。
めちゃ安でした。
女房が2次会を希望。
宿泊ホテルの斜め向かいのホテルのバーへ。

« 平泉 | トップページ | 吾妻小富士 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック