« 突然死の方のお通夜 | トップページ | 納骨 »

最後は失神

9時から祥月命日。
施主は私の1歳年上の方。
話題は、同級生や年齢の近い方たちが亡くなられたこと。
われや先、人や先、今日ともしらず、明日ともしらず。

今日のお葬式の方も64歳の突然死。
奥さんが、いろいろな方がいろいろなことを、それぞれ違ったことを言われるので、何が本当で、どれを聞いたいいのか分からないとおっしゃいます。
それぞれ突然ご主人を亡くされた遺族を思って言われるのでしょうが、遺族はそれに振り回されて大変なご様子。
正午からお葬式。
10時からセレモニーホールでお葬式があるとのこと。
11時からのお葬式も可能なのでは・・・と思うのですが、なぜか正午からしかできないとのこと。

お葬式を終えて、遅い昼食。
2時からお世話方のお宅の百箇日。
帰ると3時前に火葬場からお骨拾いの案内の電話。
自宅へ伺って3時半頃から還骨・中陰。

夜はスタッフさんの慰労会で居酒屋へ。
お付き合いをして日本酒を冷やで。
調子に乗ってちょっと飲み過ぎ。
最後は失神していました。 (^^ゞ
飲酒で眠るのは、眠るのではなく失神しているのだそうです。

« 突然死の方のお通夜 | トップページ | 納骨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック