« 今日も暑い | トップページ | 葬儀屋さんと親しいお宅の通夜 »

東本願寺伝道ブックス

Hongan
今日は休みの予定。
6時に起こされる。
町内のご門徒の98歳になるお婆さんが亡くなられたとのご案内。
枕勤め。
少し寝不足もあって眠い。

2階の自室で音楽を聴きながら読書。
上の写真の小冊子を。
専門書ではない、一般向けの小冊子。
でも、一般の人がこれを読んでどれだけ理解できるだろうか?
これじゃぁ、仏教、浄土真宗は廃れる、そう思うのは私だけ?
正しさも大切だけど、読み手、聞き手の能力に配慮が必要だと思う​。
法話・説教が敬遠される、その気持ちが理解できる。

Huruta
午後も、自室で pc + music + book 。
上の小冊子を。
農村の念仏者のお祖父さんと京大生の孫の議論。
京大生の孫に対してお祖父さんが、
「マルクスさんはちょっと聞法(仏法を聴聞すること)が足らん。​マルクスさんにそう言っとけ」と。
吹き出してしまった。
この本も講演録ですが、一般向けに平易な言葉で語られていました。

« 今日も暑い | トップページ | 葬儀屋さんと親しいお宅の通夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック