« メチャウマ | トップページ | アオリイカ »

お葬式

Dsc_0002
お向かいのアパート工事。
今日は11時から起工式が行われていたようでした。
今日は正午からお葬式。
出かける間際になって棺掛け七条、法名などを忘れていることに気づいて慌てて準備をする。
小雨が降り出した道を山間へ十数分。
出かける間際のドタバタで予定より7~8分遅れて到着。
道路で喪家の親戚のご門徒の方が待っていて下さる。
申し訳ない。
出かける間際に忘れ物に気づいて出かけるのが遅れたと謝ると、ご苦労様とかえってねぎらって下さる。
ありがたい。
お仏壇の前の席で準備をしていると隣室の話し声が聞こえる。
「寺家(役僧)さんはおらんのか?」との声。
正覚寺のご門徒が、「お出でるよ」と」返事。
「住職一人しか来ていない・・・」との声。
「ご招待すれば来てもらえるが、そうではないから・・・」とご門徒の声。
斎壇も使用せず、何一つお飾りのないお葬式。
役僧さんを頼める状況ではないでしょう。
それをくみ取って欲しいなぁ。
装束は裳附・五条。
これまでは一人でのお葬式でもご門徒の方に手伝ってもらって七条を着けていたのですが、一人でのお葬式用に金地模様入りの五条を購入して今回から・・・。
今後は輪島でも一人でのお葬式が増えそうな気がしたので・・・。
正解でした。
一人で、裳附・五条でもお勤めは同じ。
お内仏(お仏壇)前での出棺勤行(内勤め)に続いて棺前(葬場)勤行。
参列者は20名程度。
正信偈を終えてもお焼香が終わらない。
お勤めはいつもと変わらないペースなのですが・・・。
譲り合ってお焼香に出てくれないから・・・。
譲り合う、奥ゆかしい行為なのでしょうが、それが迷惑になることもあるんですよねぇ。
火葬場でのお勤めを終えて帰宅。
遅い昼食後、還骨・中陰の準備。
1時半には火葬の点火が行われたはずなのですが、遺族の方が遺骨と共に寺へお出でたのは3時半前。
火葬炉の調子が悪いのかなぁ?
本堂で還骨・中陰(初七日)のお勤め。
夕方は診療所へ。
何名ものご門徒の方々にお会いする。
2名の方から悩み・困りごとをお聞きする。
夜は、組の真宗入門講座第3回講習の案内をプリント、発送する。
プリントを終えてからスタッフ用のはがきの言葉がダブっていることに気づく。
申し訳ないですが、スタッフ用なのでそのまま発送しました。

« メチャウマ | トップページ | アオリイカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メチャウマ | トップページ | アオリイカ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック