« 報恩講 | トップページ | 寄付 »

Oono2
午前中は高洲山という標高567mの奥能登で一番高い山の登山道の集落へ。
なんとなく4駆の車で出かけたのですが、坂を上りながらFFでは上れなかっただろうと思いました。
市街地とは積雪量が違います。
麓とは別世界。
7回忌の年忌のお参り。
ご夫婦と高齢のお母さんの3人がお参り。

 

039
当寺の境内はこんな様子。
東京・埼玉で生まれ育った瑞恵ちゃんは雪道に慣れていない。
で、車は雪に埋もれてる。

 

042
昼食後は、昨日に続いて街外れの先輩のお寺へ。
報恩講2日目。
昨日と違った顔ぶれの6名の僧侶が出仕。
大逮夜(お祭りで言えば前夜祭、宵祭り)。
正信偈真四句目下、念讃淘5 五遍返、和讃 五十六億七千万 次第6首、回向。
自坊も含めて8ヶ寺目の報恩講。
今日が最後。
ようやく正信偈真四句目下、五ッ淘のお勤めに慣れたところで終了。
毎年、この先輩のお寺の報恩講が一番上手にお勤めが出来ると思う。
当たり前ですが・・・。

 

059
参勤・出仕のお礼の品の一品。
輪島の塩せんべい。
私の大好物。
中でも先輩のお寺のご門徒のせんべいは絶品。
なかなか手に入らない。
私はこれが楽しみで先輩のお寺の報恩講に出かけます。

 

044
先輩のお寺から漁師町へ。
お取越・報恩講。
年明けの年忌のお参りの約束もしていただく。
帰り道。
沖の堤防を時化の波が乗り越えている。

« 報恩講 | トップページ | 寄付 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 報恩講 | トップページ | 寄付 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック