« 山間の集落は別世界 | トップページ | 空白の初期被ばく »

葬儀は教会で

Seisyo1214
今朝のチラシの1スペースにこんな広告が。
輪島市の場合
 火葬料:25,000円 + 霊柩車(マイクロバス込み):33,000円 + 前日移送車:10,000円 + 棺(骨箱含む):15,000円
 合計 88,000円
輪島市所有の祭壇(57,000円)を使わなければ、20万円というのは正覚寺でも可能な金額です。
宣伝こそしませんが、正覚寺にもそういう実績と経験があります。
『葬儀は正覚寺で』なんて広告を入れたら、とうとう正覚寺はセレモニーホールになったか、葬儀屋を始めたのかと非難されることでしょう。
こういう広告が入るということは、それだけ仏式の葬儀に費用がかかっているということでしょう。
仏式のお葬式に費用がかかる=多額のお布施と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。
セレモニーホールの経費にお布施が削られる、それが現状だと私は思います。
見栄を張らずに見かけにこだわらずに華美な飾りをせずにお葬式をすれば、正覚寺でも格安にお葬式は可能です。
広告を出すことはしませんが、次の機会にご門徒には正覚寺でも同様のことが可能だとお知らせしたいと思います。

午前10時から先輩が導師のお葬式。
雪が降り積もる天気の中、本堂にほぼ一杯の参列者。
お通夜と比較すると参列者が半分から3分の1というお葬式が多い中、お葬式の参列者の多さを感じました。
故人や喪主の日頃のお付き合いでしょう。

« 山間の集落は別世界 | トップページ | 空白の初期被ばく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山間の集落は別世界 | トップページ | 空白の初期被ばく »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック