« 結婚披露宴 | トップページ | ボイラー復旧 »

最高気温も零下、石油が水

Dsc_0004
今日も寒い。
1日中零下。
午前9時からお葬式。
川向こうのお寺のご門徒。
吹雪の中を多くの参列者。
お葬式を終えて、郊外のご門徒へ。
お取越・報恩講。
介護を受け、ベッドと車いすの生活のお爺さんもお参り。
午後は、上げ法事、本堂でのお参り。
3回忌。
施主夫婦でお参りと思っていたら、名古屋からお姉さん夫婦も参列。
よくおいで下さいました。

 

012
昼食後、瑞恵ちゃんが食器洗い。
お湯が出ない。
ボイラーが点火しない。
灯油切れというエラー表示。
タンクには灯油が・・・。
日曜日でお休みのところ申し訳なかったのですが設備やさんに連絡。
早速駆けつけてくれる。
外壁の改修工事をしていて、今日も作業が行われているので、その工事で石油のパイプを切断?
しかし、違いました。
ボイラーに届いているのは石油ではなく水だとのこと。
一昨年も同じことを言われて石油タンクを替えたばかり。
石油の質が劣悪だと。
石油に水などの不純物が多く含まれていると。
灯油販売施設の老朽化が原因ではないかと・・・。
古い付き合いの燃料店に入れてもらっていたのですが・・・。
ちょっとがっかり。
プロパンガスはともかく、今後は石油の購入先を変更させていただきます。
燃料屋さんは悪い人だとは思いませんが、どこかに油断、空き、甘さがあったのでしょう。
他人事ではなく、しっかりしなければ、そう思いました。

« 結婚披露宴 | トップページ | ボイラー復旧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結婚披露宴 | トップページ | ボイラー復旧 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック