« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

ウダウダと

Niwa
今日から3日間は連休の中休み。
休日ではありません。
でも、午前中は年忌のお参り。
ご夫婦2人でお参り。
納得!
そのお参りを終えた11時半前に枕勤め。
今日未明にご門徒の障害者であった娘さんが亡くなられたとのこと。
8時半頃ご連絡をいただいたのですが、ご法事を終えるまで待っていただきました。
午後はオフ。
なんとなくウダウダと。

寺務

Kame
天気がよくて、少し温かかったので亀が甲羅干し。
 

 

Caulking
今日はコーキング屋さんが。
固まらないように攪拌しているようです。

今日はお参りが休み。
近年はゴールデンウィークは暇。
隣寺のご法事の配布用の次第、配布用の念仏・和讃を作成。
合間に、気分転換に庭の作業も。

姫りんご?

Himeringo
午前中はオフ。
いろいろ調べ物などをして過ごす。
午後は月忌が1軒。
連休なので同居のお孫さん一家は留守?と思って訪問すると逆。
お孫さん夫婦とひ孫さん2人もお参り。
にぎやかでした。
夕方は女房の兄貴から頼まれた文書の印刷を。
そんな1日。

篠山

Dosou2
土葬の墓地。
関東の土葬は遺骨を掘り出して墓石の中へ埋葬し直すと聞いたが、ここの土葬は埋めたままとのこと。
この一面が村の共同の墓ということ。
○○家の墓という決まった場所がない。

 

 

Sasayama1
午前中は後輩の案内で篠山観光。
篠山城祉や町並み散策。
 

 

Sasayama2
お昼はそば屋へ。
看板のない単なる古民家。
蕎麦をわさびも何もないつゆでいただく。
2枚いただきました。

1時過ぎに篠山の後輩のお寺を出発。
天気がいいので天橋立へ。
さすが日本三景の一つ。
観光客で駐車場が満車。
断念して帰路に。

 

Kiro

出石~篠山

Izusi0
花粉症のくしゃみで5時半前に目覚める。
6時頃出発。
敦賀で高速を下りて、小浜から再び高速。
福知山で下りて、出石へ。
とりあえず蕎麦。
すすめられた通りまずは塩でいただく。
塩だけで十分おいしい。
麺に自信がなければこういう食べ方をすすめないだろうと思いました。

 

Izusi1
昼食後はミニ観光。

 

 

Houdenji
2時半過ぎに丹波篠山へ。
法伝寺。
後輩住職のお寺。
親鸞聖人750回忌の御遠忌を勤めるというのでお祝いに。
あいにく5月18~19日の法要日は隣寺のご法要日なので・・・。
夜は後輩の家族と居酒屋。
調子に乗ってちょっと飲み過ぎ。

休み

009
今日はお参りは休み。
女房は坊守報恩講へ。
私は、まずスイレンの植え替え。
その後、隣寺の法要次第に手を加える。
午後は、女房の実家の文書の手直し。
そんな寺務の1日。

 

017
外壁の改修工事。
もうすぐ完工のようです。
納戸の改修工事はもう少しかかりそうですが・・・。

声明講習2日目

Dsc_0001
昨日に続いて、今日も午前中は声明講習。
昨日は和讃、今日は御文。
勉強しました。
午後は、買い物をして、本堂の道具に細工。
スタッフマネージャーが支払い業務に。
夕方は法規集の差し替え作業。
その作業を中断して鍼灸院。
夕食後は法規集の差し替え作業。

声明講習

018
午前10時からお葬式。
郊外のお寺のご門徒。
脇導師・助音は隣町のお寺のご住職。
お葬式を終えて月忌のお参りに。
午後は声明講習(お勤めのお稽古)。
夜は懇親会。
疲れているので2次会は不参加で帰宅。

空き家へ安置は困る

1_dsc_0002_3
午前11時から月忌のお参り。
帰ってホームセンターへ。
A3のコピー用紙を。
昼食後お葬式の看板をプリント。
午後1時にお預かりしている遺骨の親戚の方が遺骨を持ち帰りたいと来られる。
お話を聞くと、空き家状態の故人の自宅に安置したいと・・・。
私は、それは困ると。
どなたかが責任を持ってお守りしていただけるならともかく、たとえ故人の自宅であっても空き家に安置されると分かっていてお骨をお渡しできないと・・・。
すると、意外にあっさりと納得して下さる。
もめなければならないと覚悟していたので拍子抜け。
遺骨は、お墓ができるまで須弥壇の中でお預かり。
一件落着にホッとしました。

 

 

181_2
夜はお通夜。
郊外の真宗大谷派を離脱したお寺のご門徒。
終えて、スタッフさんの後片付けを手伝い、着替えたところへ女房。
○○さんのお参りは?
えっ?そんなの聞いていない。
女房が私に伝えるのを忘れていたのでした。
慌てて着替えて出かけました。
9時前に帰宅して本堂の戸締まりなど。
着替えて入浴。

嵐山~祇園

Torokko
8時過ぎにホテルを出発。
ゴルフチームをゴルフ場へ送って、亀山からトロッコ電車に。
 

 

Arasiyama
約1Km  ほど嵯峨野・嵐山を散策。

 

 

Gion
嵐山・渡月橋から祇園へ。
 
知恩院の山門でバスから降ろしてもらって、まずは田中漬物店へ。
日曜日で定休日。
残念。
一澤帆布へ寄って、そば屋へ。

 

 

Takino
「たきの」
嵐山から祇園までのバスの中でもビール、ハイボール。
このそば屋さんでもニシンをつまみにビール。
私は温かい鳥なんばをいただきました。
昼食後は、祇園花月。
よしもとのお笑いを楽しみました。

 

Dsc_0013
上賀茂神社脇のなり田へ。
漬物とちりめん山椒を買いました。

 

 

Dsc_0015
ゴルフ組を拾って亀岡カントリーを5時前に出発。
午後9時頃から金沢のステーキハウス六角堂で遅い夕食。
ワインをいただきました。

京都へ

Mimurotoji
午前4時30分集合で小型バスで輪島を出発。
総勢12名のグループ旅行。
2名は遅れて夕方合流。
8名は大津の瀬田カントリーでゴルフ。
私ともう一人はゴルフをしないので観光。
ゴルフをしないのは私ひとりだと想定していたのですが・・・。
もう一人に気遣って予定を変更。
先ず宇治へ。
ここは当初からの予定のコース。
三室戸寺。
ツツジ、あじさいには早いが、シャクナゲがきれいだというので・・・。
しかし、シャクナゲは2~3本だけ。
表示には100株とあったのに・・・。
ちょっとガッカリ。
ツツジの季節はきれいだろうと思いました。

続いて伏見へ。
ここでバスと分かれる。
月桂冠大倉記念館へ。
私は3度目。
見学後利き酒、試飲。
続いて寺田屋。
ここも3度目。
ガイドさんの説明も聞く。
次は、キザクラカッパカントリー。
見学後、ビールを。
まさしくできたてなのでおいしかった。
近鉄電車で京都駅へ。
伊勢丹の拉麺小路でラーメン。
札幌のすみれを。
そこから、ヨドバシカメラへ寄って、本山東本願寺へ。
御影堂のご真影に手を合わせて枳穀邸のお庭へ。
東本願寺前の念珠屋さんへ立ち寄って、五条駅から1駅地下鉄。
同伴の後輩の希望で錦市場を散策。

 

Dsc_0009
イノダ三条店でコーヒー。
そこから烏丸通りへ出たところで、後輩が京都伝統工芸館という看板を見つける。
後輩は漆器屋さん。
 

Kougeikan
京都美術工芸大学、京都伝統工芸大学校の学生や講師の作品が展示されているのですが、学生の作品と思えないすばらしさ。

 

夜は、先斗町で懇親会。 

曲禄修理

032
午前中は、曲禄の修復の塗、隣寺の法要のタイムスケジュール作成など。
昼食後、女房の兄が。
その兄を送り出して月忌のお参りへ。
帰って、再度曲禄の修復の塗。
夕方は鍼灸院。

能登の真宗展

Photo_2
朝食後、先ず曲禄(導師用いす)の補修塗。
その後午前中は「能登の真宗」展へ。
本山の宝物、能登の真宗寺院の宝物を見学。
併せて展示さてている井上雄彦作屏風「親鸞」を鑑賞。
 

_prw_fl1_wj256zmb
_prw_fl2_2qli2xdg
 

Hatabou
はた坊で昼食。
今日は、海老天おろしぶっかけ釜をいただきました。
帰り道で、ホームセンター、マーケットで買い物。
帰って、曲禄(導師用いす)の補修塗。
夕方は診療所。

お葬式

006
午前10時からお葬式。
夕べのお通夜から参列者は激減。
近年の傾向です。
お葬式後早めの昼食。
女房が坊守学習会のため正午に出かけるため。
ホームセンターへ塗料などの買い物。
火葬場からお骨拾いの連絡を受け、遺族の方たち、スタッフさんを送り出す。
その後、曲禄という導師用のいすを塗る。
塗装が一部はがれていたので・・・。
数日塗らなければならないと思います。
3時のおやつとコーヒーをいただきながら、真宗入門講座の案内葉書の作成、発送。

7回忌

070
午前中はオフ。
隣寺の法要のタイムスケジュールを・・・、途中まで。
明日の予定だった年忌のお参り、お葬式の日程が入ったので時間を変更していただきました。
そのお宅の方が今朝訪ねてこられて、都合がつくようになったからと今日の午後に。
で、午後1時30分から。
能登半島地震後の4月17日がご命日で7回忌。
家族3人でお参り。
夜はお通夜。
東へ30Kmほどの集落のお寺のご門徒。
女房繋がりのご親戚のお寺。

骨葬

Dscn0062
10時から骨葬。
市街地から20分ほど東の集落のお寺のご門徒。
終えて、ろうそくなどを替えて初七日のお参りをされる。
お参りを終えて、ご本尊を含めてお荘厳の中心を合わせる。
先日から中心が揃わないのが気になる。
メジャーで測ると須弥壇の中心がずれている。
須弥壇を移動させることはできないので、須弥壇以外の中心を揃える。

Dscn0073
夕方4時から年忌のお参り。
午前10時のお約束だったのですが、変更していただきました。
老人福祉施設の看護師さんなので土日が休みとはかぎらない。
娘さんと2人が参列。
帰って、ナメコのホダ木に水を。
先日ご門徒の親戚の方からいただいたもの。
うまく栽培できる自信はありませんが・・・。

午前・午後・夜

049
午前11時から満中陰法要。
濃い親族のみ7名が参列。
お墓がないので納骨は後日。
お斎もありません。

昼食後午後1時半から納骨法要。
金沢でお葬式を済まされた遺骨。
半島の先端に住む私たちにとっては金沢なんて近いものと思うのですが、金沢に住む人にとっては輪島は遠い僻地のようです。
お葬式に呼ばれることはほとんどありません。

夜はお通夜。
10日のお昼過ぎに連絡をいただきました。
お手継ぎのご住職の都合で今日・明日のお葬式に。
で、11日の午後火葬され、すでに遺骨になられています。
いわゆる骨葬です。

讃迎パーティ

001
今日もお参りはお休み。
そして今日もご隣寺のご法事の資料作成。

 

031
夜は、能登教区宗祖親鸞聖人750回御遠忌讃迎パーティ。
漢字源によれば、賛{讃}仰は、「人の徳をほめたたえて仰ぐ。徳を仰いでとうとぶ。讃仰は鑽仰の誤用。」とある。
広辞苑にも、「さん‐ぎょう【鑽仰】(サンゴウとも)徳を仰ぎたっとぶこと。ほめたたえてあおぐこと。転じて、全力を尽くして深く研究すること。誤って「讃仰」とも書く。」とある。
真宗大谷派は間違った言葉を使っている?
それはともかく、ご門首ご夫妻と記念写真も。
11時頃帰宅。
飲み足りないので隣の居酒屋へ。
上品な場は似合わない。 (^^ゞ

八淘

Photo_3
今日はお参りがお休み。
で、昨日に続いて隣寺のご法事の準備。
お勤めがしやすいようにと手持ちの和讃の準備を。
一日がかりでいろいろやってみますが、きれいにできません。
おまけに、最後は想にメチャクチャにされてしまいました。
夜は頼母子講。
芋焼酎をいただきました。

次第

Enryuji日中はオフ。
朝から眠い。
お手伝いをさせていただくご法事の式次第を作成。
午後は散髪に。
帰宅してからはご法事の和讃のプリントを作成。
夜は百ヶ日。

五月人形

Dsc_0007
午前中はオフ。
しなければならない仕事があるんだけど、花粉症のせいかやる気が出ない。
想の守りをしたりなんとなくウダウダと。
女房は昨日買ってきた備品で玄関の模様替え。

1_dsc_0001
午後、月忌のお参り後、五月人形を飾りました。
札には、允、亨、光の名前。
そこに想の名前も。

1_dsc_0004
夕方は、鍼灸院へ。
花粉症と背中が張るので。

ニトリと東京インテリア

Tokyo
今日はお参りは休み。
で、金沢へ玄関周りの備品の買い物に。
まずはニトリへ。
単独店舗のニトリ初体験。
欲しい品物が見当たらず、昼食後は東京インテリアへ。
東京インテリアも初体験。
思った通りの品物が揃って、おまけも。
おまけが一番高かったのですが・・・。
それに、おまけは月末に宅配。
夕食の買い物をして帰宅。

5分咲きに

Dsc_0001
午前中はオフ。
女房は美術館のスタッフ会議。
昼食後は八日講。
今月は川向こうの大きなお寺が宿寺。
祠堂・永代経が勤められています。
20名以上の参詣者。
近年の正覚寺にはない人数です。
帰宅後、家電量販店へ。
5日の朝から突然カメラが壊れて使えない。
買い換えを検討。
地元の家電店には気に入ったものがない、予算におさまるものがない。
結局ネット通販。

 

Dsc_0002
鐘楼堂脇の桜。
5分咲き。
輪島で1番早く開花する桜のようです。

お荘厳替え

Sou
午前11時から7回忌のご法事。
2007年4月12日がご命日。
2007年3月25日には能登半島地震が起きました。
震災で正覚寺が大規模に損壊して2週間あまりでお葬式。
その家は、初めてお葬式をされる新宅。
ご本家は正覚寺のご門徒ではありません。
震災直後に新たにご門徒になられた家。
本堂再建のご寄付もいただきました。
ありがたいことです。
 

午後1時半から33回忌の年忌のお参り。
3時過ぎにご門徒の方の訪問を受ける。
その後は、お荘厳替え。
平常のお荘厳に戻しました。

津軽三味線コンサート

Muratomi1
午後はお参り。
伽陀、御経+正信偈・同朋奉讃。
その後は普通の仏事では法話ですが、今日は津軽三味線コンサート。
レコードやテレビなどでは聴いたことがありますが、生では初体験の津軽三味線。
三味線のきれいな迫力ある音。
そして、リズミカルな演奏。
演奏者によっては、CDとの落差にガッカリするコンサートもあります。
しかし、今日のコンサートは、生ならではの迫力でした。

 

 

Muratomi2
参詣者(聴衆)は約70名。
お葬式以外では近年最高の参詣者。
行事としては大成功だったと思います。

お葬式~百ヶ日~お荘厳

1_dsc_0001
午前10時からお葬式。
今日も諷経、他寺のご門徒。
お葬式のお参りを終えてご門徒の百ヶ日へ。
10時のお約束を11時に変更していただきました。
私の車の音が聞こえたようで、玄関で出迎えて下さる。
忙しい中よく来て下さったと・・・。
約束の時間を変更していただいたのに・・・。
ありがたい。
2月11日が満中陰で、法要時に納骨をしなかったので、今日納骨も。
 

 

Dsc_0003
昼食後、明日のお参りの準備。
準備万端とは言えないかもしれませんが、最も心配なのは参詣者。
次も企画しよう、勤めようという意欲がわく参詣者が集まって下さればいいのですが・・・。

お葬式・お通夜

033
今日はずいぶん花粉症の症状が軽くなりました。
ありがたい。
午前10時からお葬式。
喪家はご近所で、お手継ぎのお寺も市街地のお寺。
お葬式を終えた11時頃からプリンターの入れ替えや6日のお参りの準備や寺務を昼食を挟んで。
夜はお通夜。
故人は、2日の深夜、交通事故で亡くなられた方。
喪主の娘さんはよく知っている方なのですが、声を掛けることはできませんでした。
お手継ぎのお寺は、南へ車で1時間ほどの七尾市のお寺。

東寺

Dsc_0004
夕方のお通夜までに帰らなければならないので、駅から近い当寺を見学。

 

 

Dsc_0005
散り始めた桜がきれいでした。

 

 

Toji
目的はこれ。
火災で消失したものも数多いようでしたが、残されたものだけでも多くの国宝、そして東寺は世界遺産。
さすがでした。

 

 

Dsc_0006

Dsc_0009
11時頃京都駅に戻ってお土産を。
予定を早めて12時10分のサンダーバード。
乗って知ったのですが、強風のため湖西線はストップ。
米原経由で30~40分遅れとのこと。
早い電車にしてよかった。

 

4時半頃帰宅。
早速スタッフさんと合流してお通夜。
葬家はお隣のご町内。
街中のお寺のご門徒。

教如上人400回忌法要

Biwako
午前6時過ぎに起床し、6時40分過ぎに出発。
車で金沢駅へ。
金沢駅から9時過ぎのサンダーバードで京都へ。
写真は湖西線からの琵琶湖の風景。
かすんで対岸がほとんど見えません。

 

 

Kikokutei
本山・東本願寺へ。
まず教如上人展。
見学、勉強させていただきました。
続いて東本願寺・枳穀邸・渉成園へ。
桜がきれいでした。

 

 

Aiau_2
時間があったので、東本願寺・総会所・カフェあいあうへ。
展示を見学した後、コーヒーをいただく。

 

 

Dsc_0002
東本願寺・御影堂へ。
教如上人400回忌法要初逮夜・音楽法要に参拝。
満堂の参詣、っていうかお堂にあふれる参詣者。
本山前は団参のバスで埋め尽くされていました。
立派な衣を付けて出仕している僧侶が偉いから参詣者が集まっているのではない、ご門徒のお世話をし、ご門徒と共に参拝している住職さん、寺族があってこの参詣がある、そう思いました。
廊下に立ってお参り。
約1時間ほどの音楽法要。
回向の終わりに3つのカネ。
それを待っていたかのように一斉に参詣者が席を立つ。
その気持ちがよく理解できる。
しおりが配布され、プログラムや歌詞などが伝わるように工夫されているようでした。
しかし、その工夫は演じる側、見せる側の工夫だと思います。
法要の中で和訳正信偈が勤められました。
誰でも勤められるようにという意図で作られた正信偈なのでしょうが、日常的に使われているお勤めとして同朋奉讃があります。
和訳されたものでもお勤めした経験がなければただ聞くしかありません。
一部の演ずる側と多数の聞かされる側です。
1時間聞かされれば退屈する、そう思います。
正信偈は、いつもの同朋唱和で勤めるべき、そう思いました。
勤める側の思い・こだわりを押しつけるのではなく、聞き手、参詣側の気持ちにも配慮すべき、そうしなければ満堂の参詣者はほとんどいなくなる、そう思いました。

 

 

7bankan
夕食は、七条通の七番館という洋食屋さんへ。
手頃な値段でコース料理。
値段より数段上のレベルの料理、そう思いました。
生ビールにワインも・・・。
おすすめのレストランです。

1周忌

Dsc_0001
今日はスタッフさん宅のご法事。
1周忌。
息子さんが自動車の販売・整備工場にお勤めで月曜日が休み、お孫さんは春休みなので今日。
お斎もお付き合い。
写真はお斎会場の旅館からの景色。
お隣の座られたご門徒の方とお酒を。
花粉症でお酒を我慢していたので、6日ぶりのお酒。
美味しくいただきました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック