« 嵐山~祇園 | トップページ | 声明講習 »

空き家へ安置は困る

1_dsc_0002_3
午前11時から月忌のお参り。
帰ってホームセンターへ。
A3のコピー用紙を。
昼食後お葬式の看板をプリント。
午後1時にお預かりしている遺骨の親戚の方が遺骨を持ち帰りたいと来られる。
お話を聞くと、空き家状態の故人の自宅に安置したいと・・・。
私は、それは困ると。
どなたかが責任を持ってお守りしていただけるならともかく、たとえ故人の自宅であっても空き家に安置されると分かっていてお骨をお渡しできないと・・・。
すると、意外にあっさりと納得して下さる。
もめなければならないと覚悟していたので拍子抜け。
遺骨は、お墓ができるまで須弥壇の中でお預かり。
一件落着にホッとしました。

 

 

181_2
夜はお通夜。
郊外の真宗大谷派を離脱したお寺のご門徒。
終えて、スタッフさんの後片付けを手伝い、着替えたところへ女房。
○○さんのお参りは?
えっ?そんなの聞いていない。
女房が私に伝えるのを忘れていたのでした。
慌てて着替えて出かけました。
9時前に帰宅して本堂の戸締まりなど。
着替えて入浴。

« 嵐山~祇園 | トップページ | 声明講習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐山~祇園 | トップページ | 声明講習 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック