« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

勘違い、思い込み

Sou
午前9時から諷経。
喪家は山間部の方、ご導師も山間部のお寺。
新聞では他にお葬式の予定はないので、ご導師のご都合で午前9時からのお葬式?と思っていたら、当初喪主の方が1日勘違いして予約をされたとのこと。
確かに昨日は火葬場は忙しいようでした。
今日は10時でも11時でも空いていたのですが・・・。
控え室には5席。
開始時刻の10分前になっても一人の方がおいでません。
ご導師によれば、その方は夕べの通夜にもお参りされて、9時からという日程を確認したとのこと。
それならばと私は電話をしませんでした。
装束に着替えながら駐車場を見ていましたが、おいでません。
導師が電話をすると、開始時刻を勘違いしていた様子。
思い込みは恐ろしい、確認が大切ですね。

帰宅後、お礼参りを受ける準備。
暖かくなったので、広間にテーブルと座布団。
約束の11時少し前に昨日のお葬式の喪主のご夫妻が・・・。

昼食後、2階の自室で休息。
疲れているのか、体調のせいか1時間ほど昼寝。

夜はプリンセス天功のイリュージョンショー。
楽しみました。
帰りに隣の居酒屋。

関節の骨

Dsc_0004
午前11時から葬儀。
私を含めて真宗大谷派の僧侶が5名、曹洞宗の僧侶が2名、7名の僧侶がお勤め。
午後1時55分に火葬場からお骨拾いの連絡。
午後2時半前から還骨・中陰(初七日)のお参り。
3時半頃から年忌のお参り。
午後1時30分の約束だったのですが、還骨・中陰と重なってしまうので時間を変更していただきました。
5時過ぎに帰宅。
5時半前に診療所へ。
整形外科の診察。
右手小指。
レントゲン検査。
関節付近の骨が削れているとのこと。

諦めて下さい

Dsc_0002
咳で夜中に目覚めるからでしょう、体調イマイチ。
2階の自室で休息をしながらお通夜の準備。
夜はお通夜。
漁師町のご門徒。
本堂にあふれる参列者。
着席できない人がいると・・・。
100のお葬式があれば、100通りのお葬式があります。
全てに100%応えることはできません。
諦めて下さいと頭を下げました。

疲れた~

Sou
今日は午前中はオフ。
留守番をしながら休息。
ベルは居間で、私は廊下のリクライニングチェア。
午後2時から月忌を1軒。
帰ると電話。
ご門徒のお婆さんが亡くなられ、遺体が自宅に帰られたと・・・。
スタッフさんに連絡をして枕勤めに。
枕勤めを終えスタッフさんと交代して帰宅。
午後4時から3回忌のお参り。
午後6時から仮通夜。

9時からお葬式

076
午前9時からお葬式。
10時頃僧侶方を送り出して、ベルの守りをしながら火葬場からの電話を待つ。
11時20分頃電話。
遺族の方々にお知らせ。
午後1時30分頃スタッフ・マネージャーを送り出して本日の業務完了。
その後はウツラウツラしながら読書。
2階の納戸の改修工事、戸が建てられて掃除が・・・。
エアコンさえ設置すれば住めそうな空間に。

 

 

072

アルコールなし

Dsc_0008
午前10時30分から13回忌。
お仏壇でお参りの後、お内仏(仏壇)に安置してあった頭骨を納骨。
その後、お斎(昼食)もお付き合い。
お通夜があるのでアルコールはなし。

帰ってスタッフさんと合流。
休息を挟みながらお通夜の準備。
夜はお通夜。
本堂にあふれる参列者。

エビネラン

161
週末・土曜日ですが、今日もお参りが休み。
庭の花の写真を撮ってフェイスブックに。
夕べ10時半頃電話があり、山間の集落の方がお葬式会場に・・・とのこと。
山間の集落のお寺のご門徒。
スタッフさんにお世話、対応を依頼。
夕方は鍼灸院へ。
夜は頼母子講、2次会へもお付き合い、明日の予定があるので早めに帰宅。

奥さんを喪う

Dsc_0003
今日はお参りは休み。
喉の調子が悪いのと鼻がグズグズなのでありがたい。
庭の金魚とメダカの池の掃除。
1度の水の入れ替え程度ではきれいにならない。
今日は2回目。
そこに溜まったヘドロをくみ出す。

午前中に昨日のお葬式のお礼参り。
8ヶ月間の看病生活。
治る病人ではない、死に向かう奥さんを介護する辛い生活。
そして、その奥さんがいなくなった生活の不安。
お気持ちがよく分かりました。

夕方、電気屋さんが器具の設置。
暗く汚い屋根裏の納戸でしたが、おしゃれな空間になりました。
来週、ドアの設置と掃除でとりあえず完工のようです。

夕方、鍼灸院へ。
混んで一杯。
明日に。

お解き下さい

Dsc_0001
今日はお葬式。
昨晩の声がれが一晩で治るはずもありません。
カスカスの喉でほとんど声が出ません。
私と役僧さん以外に2名の諷経僧。
まさに助音していただきました。
昨晩のお通夜に続いて大勢の参列者。
久々に長い短念仏を勤めさせていただきました。
回向を終えて式の終わりの総礼(合掌)。
私がお念仏を申していると、「お解き下さい」とのアナウンス。
式前の打ち合わせで、私が合掌を解くまでアナウンスしないで下さいとお願いしておいたのですが・・・。
それまでの式中の3回の総礼はお願いした通りだったのですが・・・。
最後の最後に。
次回は最後は特に気をつけて下さいとお願いします。

一旦帰宅して昼食をいただいてお骨上げの連絡を待つ。
電話があったのは午後1時10分頃。
午後1時45分頃から還骨・中陰(初七日)。
声はカスカス。
お勤めを終えて、声が出なかったことをお詫びして、依頼のあった法名の説明。
座ろうとすると、質問。
年齢が違うのはどういうことかと。
数え年が分からない人が多くなったんだった。
満年齢に変えようかとも思うのですが、先代の跡を継いでから数え年で通してきたので・・・。

帰宅して池の水の入れ替え。

今夜も飲まずに寝ます。

声が出ない

010
昨日、大工さんに設置してもらった「正覚寺」という表札。
本来、御拝と呼ばれる本堂の玄関先に掲げる予定だったのですが、スタッフさんを交えての相談の結果ここに。

予定表を確認すると、今日の予定は午後の学習会と夜のお通夜。
喉が痛いのと鼻水ズルズルなのと背中から肩が張って辛いので鍼灸院へ。
鼻も背中から肩もずいぶん楽になりました。
帰宅すると、女房が午前中にお参りの予定があったと言います。
それを午後1時にしてもらってあると。
予定表を見ると、今日の午前中の予定には変更になったので線で消してあります。
明日の約束のお参りにも線を引いてあって、それが今日の午前中に延びているのです。
ページもまたがっていてわかりにくい。
こんなの説明してくれなきゃ。
我が女房のいい加減さがこういうところに表れて困ります。
昼食後お参りに。
お勤めを始めると、声が枯れて出ない。
会話の声は普通だと思うのですが、お勤めの声が出ません。
お勤めを終えて、申し訳ありませんと謝りました。
今夜はお通夜。
午後の学習会は欠席して、のど飴をなめながら安静に。
お通夜、声が出ずに申し訳ありませんでした。
帰宅すると、その声が一段とカスカスに。
明日のお葬式が・・・。
今夜は、飲酒はせずに薬を飲んで早めに寝ます。

Dsc_0003
今日も朝から喉が痛い。
夕べも飲んでしまったからなおさらでしょう。
喉が痛くて声に不安が、10時からお葬式、諷経。
輪島から南へ60Kmの街のお寺のご門徒。
私以外に2名の真宗大谷派の諷経僧。
心強い。

帰宅後はベルと留守番。
女房と瑞恵ちゃん、想は、女房の兄、両親と共に隣町までノトキリシマ見物に。
私は体調が不調なので休息。
夕方から霧が。
夜は月忌を1軒。

帰宅するとご門徒の方が亡くなったとのこと。
体調が悪いので今夜は飲まずにゆっくり休もうと思っていたのですが・・・。
金沢の病院へ入院されていたので、遺体が帰ってこられるのを待つことに。
待機。
10時頃電話。
枕勤め。

喉が痛い

Beru
上は午前中のベル。
下が夕方のベル。
毛むくじゃらだったのですが、トリミングをしてもらってすっきり夏モード。

午前中はホームセンターへ。
板を買ってきて息子たちの装束用タンスを積み重ねる。
ドラッグストアで喉のスプレーと喉の痛み止めカプセルを買ってくる。
昨夕から喉が痛い。
昼頃になるとその痛みが一段と増す。
午後は薬を飲んで休息。
1時間あまり昼寝。

法要

Hoyo2
今日は隣寺のご法事。
お世話お手伝いをさせていただく。
稚児や参勤の法中方、指示の通りきちんと動いて下さり、スムーズに進行。
行道散華というメインの儀式が無事終えそうなところでホッとして油断したのでしょう、ミス。
出て下さいという指示を忘れて、タイミングが遅れてしまう。
しまった!その思いを引きずってしまったのでしょう。
次の指示は、勘違いで早く出してしまう。
悪かったのはそのフォロー。
動揺したのか、掛役の方にそのフォローを頼んでしまう。
自分が行くべきでした。
誰にも分からないと思いますが、自分ではそれが一番の後悔、反省です。
それらを含めて勉強させていただきました。

ご隣寺のお逮夜

Gaiheki
外壁工事の足場が撤去されました。
すっきりきれいになりました。
工事してもらってよかったと思います。
雨漏りがしていたので工事は必然だったのですが・・・。

 

 

147
午後は隣寺のご法事。
年忌法要兼御遠忌・落慶法要のお逮夜。

数日ぶりに寝酒

Sou
今日もお参りはなし。
午後も隣寺の法要の準備。
まずは華籠皿に花びらをセット。
明日の法要兼お逮夜の卓、御経、和讃の飾り付け。
その後は、出仕僧などお役の人選。
帰宅後は、打ち合わせの内容をを進行表に打ち込む。
そこで、次第の間違いに気づく。
早速、ホームセンターへ用紙を買いに。
プリントして綴じる。
夜も引き続きパソコンで作業。
昨日からメインで使っているパソコンの調子が悪く、正常に起動しない。
困ったもんです。
今夜は数日ぶりに寝酒。

ご隣寺のお荘厳

P06a

今日もお参りは休み。
朝食後、仏具の塗装。
その後、隣寺のご法要の準備、お荘厳に。
まずは飾り灯芯を。
図の通りにはできませんが、一応。
昼食を挟んで午後も。
お軸の掛け替え。
南の余間に4幅の御絵伝を。
そこに掛かっていた聖徳太子、七高僧を北の余間へ。
続いて須弥盛のお供え。
中尊(ご本尊)前に2対、祖師(親鸞聖人)前に1対。
中尊前前卓に水引、打敷を掛けて、登高座一式をお飾り。
きょうはここまで。
3時半過ぎに帰宅。
コーヒーとバームクーヘンをいただいて、仏具の塗装。

Niwa
午前10時からお葬式にお参り。
お通夜からすると参列者が半減、1/3、1/4というお葬式が多い中、今日もほぼ満堂といった参列者。
喪家のお付き合いを感じました。
昼食後、義兄が来訪。
私は月忌を1軒。
帰りに隣寺にお寄りして本山の祝詞をお預かり。
祝詞に読みづらい漢字熟語がないかチェック。
代読される組長がご自分でチェックされればよいかと思うのですが、私に指示をされたので・・・。
読める感じにふりがなをふるのは失礼だし、かといって詰まったり誤読されるのも困りますし・・・、他人が読まれるものにふりがなをふるのは難しい。
息子たちの装束を入れるタンスが届いたので、大工さんに手伝ってもらって装束部屋へ設置。
夕方は3年前に臨時に作ってもらった仏具に塗装。
白木のままでは汚れてしまうので・・・。

副作用で眠い

Dsc_0006
午前中はオフ。
午後は隣寺へ。
1時間ほど週末に予定されているご法事の打ち合わせ。
帰ってスタッフさんと合流。
お通夜の準備。
眠い。
ジンマシンの薬の副作用。
夜はお通夜。
喪家はご近所。
お手継ぎのお寺は市街地から東へ15分ほどの集落のお寺。

病院へ

Kusuri2
朝から眠い。
夕べの抗ヒスタミン剤の副作用だと思います。
病院への診察は午前中は避けた。
去年、午前10時から待って診察を終えて薬を受け取って帰ったのが2時ということに懲りたので・・・。
午後1時に病院へ。
受付を済ませてそのまま待つ。
1年ぶりの初診ということで、問診票を記入したり、保険証を提出したり。
診察を受けると、食物や薬物による蕁麻疹ではなく体質性のじんましんではないかとのこと。
1週間分の薬を処方してもらいました。
帰宅すると午後2時30分。
やっぱり病院は午後だ。
夕方は鍼灸院へ。

じんましん

Jinmasin
今日は日曜日。
しかし、法事などお参りはなし。
少々疲れ気味の体調の上、鼻づまりで何度も目が覚めるので眠いから休みはありがたい。
昼食後は散髪に。
夕方は不要になった骨箱やご本尊などの処分。
5時過ぎから太ももや腹回りが痒くなる。
蕁麻疹らしい。
8日の夕方から夜に掛けても同じ症状が・・・。
明日、病院で診察を受けるために写真を。

大工さんのお宅訪問

Miyasita
午前中は大工さんのお宅訪問。
座敷の見学。
昼食後は百ヶ日のお参り。

ダ・ヴィンチ展

Photo
今回の上京の2つめの目的、ダ・ヴィンチ展。
上野・東京都美術館。
残念ながらダ・ヴィンチの作品としての絵はポスターの男性の肖像画1点だけでしたが、その他の絵も含めて堪能しました。

 

 

Photo_2
続いて国立博物館へ。
大神社展。
これは予定にはなかったのですが、時間があったので。
 

 

043
東京への往復の楽しみの一つは富士山。
残念ながら今回は往復とも全く富士山は見えませんでした。
写真は帰りの飛行機の窓からの景色。
見えるのは翼だけ。

キースジャレットコンサート

Sensoji
東京へ。
まず、泉岳寺。
いわゆる赤穂浪士のお寺。
写真右は堀部安兵衛の墓。

 

Zojoji
続いて芝の増上寺へ。
浄土宗の本山の一つでもあり、なんと言っても徳川将軍家の菩提寺。
 

 

Keithjarrett2
今回の上京の第1の目的はこのコンサート。
オーチャードホール、音がきれい。
そして、キースジャレットトリオ。
ガンガン大音量というコンサートではなく、いい音を聞かせるというコンサート。
1部2部2時間があっという間でした。
3回のアンコール。
堪能しました。

八日講・初参り

8kakou
午前10時からお仏壇を仕舞うお参り。
70歳過ぎの家主の方は老人介護施設に入所されたとのこと。
お参り後ご本尊を外して持ち帰る。
午後は八日講。
今月は初参り式。
お参りの子供は、我が家の想ともう一人お友達。
続いて高校へ。
同窓会の理事会。
監事をさせていただいているので・・・。

除草

Dsc_0006_2
午前中は裏の空き地の除草。
昨年の反省から切れが悪くなったらナイロン刃を新しく引き出す。
慣れない作業に疲れました。
午後は、女房はお華のお稽古。
私は、電話のアンテナの設置作業。
夜は、近所の友達家族と居酒屋。

ベルと

Tsutsuji_2
今日も休み。
そして今日も改築の計画を練る。
女房は室内の掃除、庭の掃除。
若夫婦はお出かけ。
午後は、ベルと散歩。
マリンタウン(埋め立て地)を一回り。
帰ると、女房が庭へ。
ベルは女房が出て行ってしまったと騒ぐ。
しかたなく再びベルと庭へ。

初節句

Beru
今日は休み。
午前中からいろいろと。
午後は女房と若夫婦は女房の実家へ。
私は留守番。
改築計画の図面を作成。
夕食のメニューは手巻き寿司。
こどもの日、想の初節句。

昼寝2回

Photo
午前11時から50歳過ぎでガンで亡くなられた方の1周忌。
20~30名の参列者。
お斎もお付き合い。
ビールを少々。
帰るとと眠い。
ちょっと昼寝。
鯉のぼりフェスティバルへ出かけていた若夫婦家族+女房が帰宅。
その夕方も再び昼寝。
夕方6時から3回忌。
7時からお斎。
9時に帰宅。

紙コップ専用ゴミ箱

Dsc_00082
紙コップ専用のゴミ箱。
本堂などでのお茶用に・・・と準備したのですが、ほとんど使うことなく撤去することに。
もう1台、ビニール袋に入ったままのものも。
もったいないので使っていただければありがたいのですが、なにぶん紙コップ専用ゴミ箱。
なかなか引き取り手が見つかりません。
捨てるしかないか。

子や孫のお葬式

070
午前11時からお葬式。
故人は生まれた時から障害のあった方。
両親ら家族は覚悟をしていたでしょうが、それでもやはり子や孫に先立たれるのは辛いだろうと思いました。
そう思うとついついお勤めに一段と力が入ります。
夜は、川向こうのお寺の奥さんと女房と3人で居酒屋へ。
坊守会というお寺の奥さん方の会合の際、女房が車に同乗させていただいているお礼。
お酒が大好きな方なので・・・。

お疲れ気味

Otsuya_2
午前10時から隣家のご主人のお葬式にお参り。
山菜採りに出かけて蜂に刺されて亡くなられました。
私の七歳年上、64歳でした。
蜂に刺されて亡くなる、これまでテレビなどを通じて知っていましたが、身近で起こるようなことではないと思い込んでいたので驚きました。
いつどこで何が起こっても不思議ではないと思い知りました。
ご隣寺のご門徒。

帰って、昼食を挟んでお通夜の準備。
3時半過ぎに鍼灸院へ。
疲れ気味の体調なので・・・。

夜はお通夜。
新聞などの掲載しない家族葬のはずだったのですが、満堂以上の参列者。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック