« 声が出ない | トップページ | 奥さんを喪う »

お解き下さい

Dsc_0001
今日はお葬式。
昨晩の声がれが一晩で治るはずもありません。
カスカスの喉でほとんど声が出ません。
私と役僧さん以外に2名の諷経僧。
まさに助音していただきました。
昨晩のお通夜に続いて大勢の参列者。
久々に長い短念仏を勤めさせていただきました。
回向を終えて式の終わりの総礼(合掌)。
私がお念仏を申していると、「お解き下さい」とのアナウンス。
式前の打ち合わせで、私が合掌を解くまでアナウンスしないで下さいとお願いしておいたのですが・・・。
それまでの式中の3回の総礼はお願いした通りだったのですが・・・。
最後の最後に。
次回は最後は特に気をつけて下さいとお願いします。

一旦帰宅して昼食をいただいてお骨上げの連絡を待つ。
電話があったのは午後1時10分頃。
午後1時45分頃から還骨・中陰(初七日)。
声はカスカス。
お勤めを終えて、声が出なかったことをお詫びして、依頼のあった法名の説明。
座ろうとすると、質問。
年齢が違うのはどういうことかと。
数え年が分からない人が多くなったんだった。
満年齢に変えようかとも思うのですが、先代の跡を継いでから数え年で通してきたので・・・。

帰宅して池の水の入れ替え。

今夜も飲まずに寝ます。

« 声が出ない | トップページ | 奥さんを喪う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 声が出ない | トップページ | 奥さんを喪う »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック