« お葬式は残された者のため | トップページ | ボディブロー »

お葬式

Dsc_0002
午前8時過ぎに出発、9時過ぎにセレモニーホールに到着。
午前10時からお葬式。
夕べのお通夜にも日蓮宗の僧侶らしき姿がありましたが、今日は10名以上の僧侶の姿が。
山の寺寺院群と呼ばれる16ヶ寺の寺院群があり、その歴史などを学ぶ「山の寺学」のお世話を喪主がされているからです。
山の寺寺院群は浄土真宗以外のお寺で組織されているので、浄土真宗の僧侶は私と役僧さんの2人だけ。
近年は、お葬式の参列者はお通夜の半数から3分の1というお葬式が多いのですが、今日もほぼ満席といった参列者。
一家のお付き合いを感じました。
故人は、大正2年生まれの満100才。
大変上品で優しい方でした。
苦労をし、悲しい思いもされた人生であったようですが、それが優しい人柄に繋がっていたのではないかと私は思いました。
感謝の思いを込めてお参りさせていただきました。
火葬場へも同行させていただきました。
セレモニーホールでの還骨・中陰を終えて、その後のお斎は失礼しました。

帰宅後、夕方は鍼灸院へ。
あまり肩こりをしたことがないのですが、数日前から肩こりが・・・。

« お葬式は残された者のため | トップページ | ボディブロー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お葬式は残された者のため | トップページ | ボディブロー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック