« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

誕生日

Kazetachinu3
早朝から時折激しい雨。
その雨の中を富山まで。
所用を済ませてショッピングモールへ。
映画「風立ちぬ」。
上映されて1ヶ月以上が経つのに多くの観客。
それも中高年層が目立つ。
アニメなのに・・・。
さすが宮崎駿、おもしろかった。

 

 

Dsc_0001
道の駅で鱒のすしなど夕食の買い物をして帰路に。
行きと同じ峠越えを選択するが雨のため通行止め。
仕方がないので隣の峠越えを。
初めての道。

 

 

Tezuka_birthdaycard2010
夕食後パソコンを開いて気づく。
そうか、今日は私の誕生日だ。
家族は誰も気づいていないようです。 (^^;)
上は手塚プロから届いたバースデーカード。
わざとノイズを入れてあります。

お葬式

郊外の集落のお寺の住職さんと午前9時過ぎに出発。
南へ10分ほどの集落のお寺へ。
24日に亡くなられた住職さんの葬儀。
28日が親鸞聖人のご命日なので配慮された様子。
午前10時から出棺勤行。
終えていったん控え室へ。
ご親戚による肩入れ式と葬場への荘厳替え。
長い。
30分経っても案内がない。
出仕の案内があって棺前勤行が始まったのは午前11時頃。
正信偈になって、2名ずつ呼び出されてお焼香。
その呼び出しがご丁寧、ゆっくりスロー・ペース。
正信偈が終わっても僧侶のお焼香が終わらない。
五ッ淘3首引のお勤めが終わっても一般のお焼香にならない。
山間のお寺で始まった頃は涼しい風が入っていたのですが、徐々に気温が上がっているらしく暑い。
11時30分~40分には終えると想定していたのですが、45分になってもお焼香の列が続きます。
12時を過ぎるようなら途中退席しなければ…。
12時5分ほど前に勤行終了。
ここで総代さんの挨拶・・・と思ったら、あっ!そうだった、これから弔電披露。
困ったなぁと思ったら、式係さんがお急ぎの僧侶は退席下さいと・・・。
着替えて、玄関先の駐車場までの送迎バスをと聞くと霊柩車が出発しなければ出ないとのこと。
それじゃぁ間に合わない。
仕方がないので、駐車場まで暑い道を歩く。
駐車場へたどり着いたら送迎のバスもやってくる。
なんだ、無理を言えば出してくれたんじゃないか。
一緒に出かけた住職さんと共に帰宅。
そうめんをかきこんでお葬式の控え室へ。
午後1時からお葬式。
疲れました。

平日なのに

Dsc_0004
午前10時から33回忌法要。
明日の10時のお約束だったのですが、明日は10時から組内のお寺の住職さんのお葬式なので・・・。
引き続き午前11時30分から納骨のお勤め。
帰宅して昼食、休息後、午後2時に月忌を1軒。
伺うと毎月待って下さっていたお婆さんの姿がない。
どうされたのかと伺うと、週一回のデイサービスとのこと。
帰宅後しばし休憩。
夕方6時に百ヶ日のお参り。
午後7時からは本堂でお通夜。
街外れのお寺のご門徒。
同じ時間に組内のお寺の住職さんのお通夜なのですが、そちらは若院(長男)と女房が。

写真は、正午過ぎ。
午前11時頃バイク(原チャリ)がらみの事故があった様子。

隣町の集落へ

Dsc_0005
午前6時過ぎにご門徒の方から電話。
叔父さんが亡くなられたので正覚寺でお葬式との依頼。
明日明後日の日程。
街外れのお寺のご門徒とのこと。
午前9時前に出かける。
市街地から約30分の隣町の山間の集落へ。
従兄弟のお寺の代理のお参り。
お勤めを終えたところに女房から電話。
川向こうのお寺の住職さんから電話があったとのこと。
明後日明明後日の日程で正覚寺でご門徒のお葬式をしたいが、造花屋さんを使ってくれないかとのこと。
正覚寺は寺の備品を使ってお葬式をしていただくので造花屋さんの仕事はほとんどありません、とお断りしてもらいました。
今日のお参りはこの1軒だけ。
帰宅後は、音楽+読書+ネットで過ごす。
早朝トイレに起きてから眠れないので眠い。
時々ウツラウツラ。
夕方は友達の鍼灸院へ。

休息

Dsc_0002
今日は午前10時に墓前勤行。
境内地の墓地。
これで本日のお参りは予定終了。
その後は音楽を聴きながら読書。
時々想の守り。
午後はしばし昼寝。
疲れている。
休めるのがありがたい。

半沢直樹

Hanzawa
午前9時前に郊外の集落のご夫婦が訪ねてこられる。
輪島から40分ほどのお寺のご門徒。
昨日、満中陰法要を勤めたが、ぬかるんでいたので納骨は延期したと。
今日の午前中、納骨をしたいが、納骨の勤めを頼めないかと。
私はご法事のお約束があったので、若院(長男)が。
私は10時30分からご近所の1周忌法要。
お勤めの後、おそば屋さんでお斎。
生ビールを3杯いただきました。
帰宅後2階の自室で昼寝。

小矢部往復

Dsc_0003
午前10時からご隣寺のご門徒のお葬式に諷経参りのご招待があったのだけれど、それは長男に。
私は3男と富山県小矢部市へ。
午前8時半前に出発し、県立看護大インターから国道417号線を富山県へ。
すると、昨日に続いてのゲリラ豪雨で通行止め。
木が倒れてきているとのこと。
仕方がないのでUターンして8号線へ迂回。
予定より早く出発して正解。
午前10時半に到着。
3男を送って私はUターン。
正午過ぎに帰宅。
昼食後休息。
夕方、街外れの集落のお寺へお弔い。
80代半ばの住職さんが亡くなられたとのこと。

輪島大祭

Aporon
今朝は朝から予報通り時折激しい雨。
午前10時から月忌を1軒。
その後は、想の守りと昨日呼んだコミックのアニメを。
おもしろかった。

 

 

Matsuri
今夜は近所の重蔵神社の大祭。
女房の実家近くの黒髪神社からも神輿が・・・。
太鼓のリズムも女房の実家の隣の神社と同じ。
キリコ(奉燈)が20本。
そのうち町内単位で出されたキリコは我が町内と隣の観音町を含めて3本。
過疎化が進み、市街地も限界集落化しつつあることを感じる。
17本は、自衛隊や同級生などのグループ。
そのせいでしょう、ずいぶんと祭りの雰囲気が違う。
楽しんでいるのはキリコを担ぐグループだけで、祭り自体が盛り上がっていない。
これでいいのだろうかと思いました。
祭り全体としての規律、統制が必要なのではないでしょうか?

坂の上のアポロン

Apolon

私がジャズばかり聴いているから、先日3男が「坂道のアポロンってアニメ知ってる?」と。
知らないと答えると、結構おもしろいと・・・。
ジャズの話しとのこと。
コミックが原作だというので、金沢のヤマダ電機で。
青年コミックコーナー、少年コミックコーナーを探すがない。...
スマホで検索すると、少女コミックとのこと。
全巻大人買い。
今日もお参りは休み。
10冊全巻読みました。
おもしろかった。

新宗教

Shuhkyoh
今日はお参りが休み。
朝食後散髪に。
帰宅後池の掃除。
掃除といっても少し水の入れ替えをするだけ。
小さな稚魚がいるので・・・。
昼食を挟んでジャズを流して読書。
上の本を読みました。
まさにカルト、コミック「20世紀少年」のトモダチのような、どうしてこんなものを信じてしまうんだろうというもの、意外とまともで良心的なもの、勉強しました。
途中で、再び池の底のヘドロをくみ出して水を交換。
夕方、鍼灸院へ。
ところが車がいっぱい。
諦めました。

少し涼しい

Dsc_0001
午前11時から本堂でお勤め。
遺骨をお預かりしている遺族の方がお参り。
老人福祉施設にお勤めなのでお休みは不定期。
3七日のお勤めをさせていただきました。

お勤め後3男と金沢へ。
昼食は8番ラーメン。
夕べから雨が降って涼しかったので温かい野菜塩ラーメンを。
3男はスープのないラーメン。
私は餃子を1人前。
3男は2人前。
やっぱり若い。

星の王子さま

Hosi2
孫の想にプレゼントしていただいた絵本「星の王子さま」。
こんな時代になったんだと驚く。

今日は、午前7時で29度、午前11時で30度超。
暑い。
午前中はオフ。
エアコンの中で読書。
昼食後郵便でレンタルCD が届く。
午後はそのCDをPCにリッピング。
午後3時前後に月忌を2軒。
帰宅後、再びCDをリッピング。

太平洋戦争

004
今日も暑い。
風があるが熱風。
加賀の方では35度超というニュース。
午前中はオフ。
エアコンの居間で本を読んで過ごす。
昼食後は17回忌と27回忌の年忌法要。
その後2時過ぎにお墓勤め。
暑い。

 

 

Sensou2
この本を読み終える。
やむなく始めた戦争だったかもしれません。
しかし、本土決戦、特攻、本土空襲、ヒロシマ・ナガサキ、そこまでやってはいけなかったと改めて思いました。
国を守る、国民を守るための戦いというなら、その前に戦争は止めるべきだったと思います。
「激闘苦闘が、現在の日本の繁栄を築く礎ともなっている」
私にはこの言葉が理解できない。
太平洋戦争によって現在の体制を勝ち取ったわけではない。
逆に敗戦によって進駐してきた勝戦国アメリカによって作られた体制。
敗戦によって築かれた繁栄というなら理解できる。

納骨

Beru_2
午前10時から尽七日、納骨のお参り。
お仏壇の前で阿弥陀経のお勤め。
その途中にお焼香をしていただく。
引き続き中陰檀(遺骨)の前で正信偈同朋奉讃。
その後納骨。
田舎の家なので大きく、エアコンがなくても扇風機で涼しかったのですが、さすがに墓地は暑い。
襦袢もステテコも汗まみれになって帰宅。
今日のお参りはこれで終了。
暑いので昼食前にエアコン。
昼食後はしばし昼寝。
それから書店へ。
欲しい本が見当たらず、違う本を。
帰宅後、欲しい本はネットで注文。
音楽を流して買ってきた本を読む。

富山へ

Sinminato
今日はお参りは休み。
所用で3男と富山へ。
午前9時に出発。
ガソリンが半分ほどしかないので街外れのスタンドで給油。
1L141円。
富山は1L158円。
午前11時頃、道の駅新湊。
レストランで早めの昼食。
すでに半分以上の席が埋まって多くの方が食事。
白エビかき揚丼。
人気のメニューらしい。
おいしい!
次々と席が埋まって満席。
11時半頃、食事を終えてレジで支払い。
順番待ちの列。
暑い。
所用を終えて、午後4時過ぎに富山を出発。
行きは、鹿島から石動山を越えて氷見~高岡~富山。
帰りは、富山~高岡~能越道~氷見~七尾~のと里山里海街道で帰宅。
のと里山里海街道の上り車線が渋滞。
午後6時20分頃帰宅。

戦没者

201308151543651l
長男は午前9時から盆勤め・墓前勤行、11時から諷経(お葬式のお参り)。
私は、午前9時に墓前勤行。
午前10時から年忌法要、お二人の7回忌。
引き続き同じく7回忌法要。
午後は2時に盆勤め。
夕方、3男が合葬墓と本堂でお参り。
これで今年のお盆のお約束のお参りは終了。

写真は武道館での戦没者追悼式。
どうしてこれでダメなんだろうかと思います。
靖国神社でなければ・・・、当たり前のようなその感覚。
その感覚に疑問を感じます。
兵隊として戦って亡くなった戦没者だけが靖国神社に集まり、それ以外で亡くなった人はそれぞれの家の仏壇や墓で眠っているのでしょうか?
戦争をさせた人々としての意識だと思います。
戦争で戦没者を殺したのは戦った相手国ではないと私は思います。
兵隊として徴兵し戦わせた国が殺した、私はそう思います。

今日も手分けして

Dsc_0005
長男は山間の集落へ年忌法要と墓前勤行に。
私は、午前10時からお盆勤め。
帰宅して墓前勤行。
34度という予報の割に過ごしやすい。
湿度が低いんだろうか?
昼食後は百ヶ日兼新盆のお勤め。
奥さんに先立たれてご主人がひとり住まいになったお宅。
何度も侘しいとおっしゃいます。
ひとりで晩酌をしても侘しいと。
思いはよく分かります。
ついお勤めにも力が入ります。
御経の後、正信偈・同朋奉讃。
大きな声で唱和されます。
奥さんが亡くなられるまでは、積極的に手を合わせたりお勤めをするようなことをする方ではなかったのですが・・・。
奥さんを亡くされた侘しさがそうさせているのだろうと思います。
帰宅すると電話。
遺骨をお預かりしている遺族の方が御経を上げて欲しいと。
子供さんとお墓参りに来られたようでした。
そこから私は留守番。
3男が女房と墓前勤行を3軒。
長男も街外れの集落の墓前勤行に。
夕方、そろそろ晩酌を・・・と思っていると従兄弟から電話。
ご門徒の方が亡くなられたのだけど、明後日まで帰ることができないから枕勤めを頼むと。
7時20分頃から片道30分ほどの山間の集落まで往復。
日没後の暗い山間の集落の初めて伺う家。
家が分かるだろうかと不安でした。
念のために住宅地図をプリントしましたが、カーナビが役立ちました。
家の前まで案内してくれました。
枕勤めを終えて8時40分頃帰宅。
シャワー後、寝酒。

10万年絶対安全

034
今朝もスイレンが咲きました。

 

 

Dsc_0001
長男は8時半から漁師町の盆勤め27軒。
午前10時過ぎに訪問者。
金沢の○○ですけど・・・。
あれっ?11時のお約束だったのでは?
仕方がないのでしばらく待っていただいて準備。
車で一緒に小高い丘の上の無縁墓へ。
10年ほど前から毎年お盆にお参りにお出でます。
お参りの後バス停まで送ってあげます。

 

 

Dsc_0005
帰宅すると女房が魚をさばいています。
ご門徒の漁師さんが届けて下さったとのこと。

 

 

Haikibutsu3
この本を読み終えました。
一旦原発を稼働すれば生じる放射性廃棄物。
10万年、隔離し続けなければなりません。
電力のためにそんなものを利用しているのです。
原子力でなければ電力を産み出すことができないのであれば、まだ仕方がないと認めざるをえないかもしれません。
しかし、水力でも、火力でも、風力でも、波力でも、太陽光でも、地熱でも・・・発電はできます。
わざわざ絶対に漏れ出させてはいけないものを使って発電する必要はありません。
人間は愚かです。
電力はライフラインと言われていますが、そのライフラインであるはずの発電の一部である原発によって滅びようとしているのではないかと思います。
原発は絶対に事故を起こしては行けない施設です。
しかし、事故を起こさなくても原発は止めるべき、そう思います。

夕方は3軒お盆のお参り。
7時過ぎに帰宅してシャワー。
遅刻して頼母子講。

お盆

Sou_2
午前10時半から墓前勤行。
娘さん夫婦が金沢からお参り。
続いて11時過ぎからも墓前勤行。
こちらも娘さん夫婦が金沢からお参り。
午後1時半からは7回忌の法要。
遺族の方々は埼玉から帰省。
お盆だけ人口が増える過疎地。
午後3時からは納骨。
分骨してあったのど仏や頭骨をお墓へ。

古墳ブーム

First_top2
午前6時過ぎに起床。
午前7時に墓前勤行3軒。
3軒のお墓は同じ敷地に並んで建っています。
ご兄弟なので・・・。
午前9時半から新盆のお参り。
午前11時から17回忌と13回忌法要。
午後1時から盆勤め。
すっかりお盆モードです。

キトラ古墳石室の公開に応募していました。
キトラ古墳は埋め戻されてしまうので最初で最後の石室公開です。
キトラ古墳の壁画の公開、高松塚古墳の壁画修復現場の公開は見学しました。
キトラ古墳の壁画見学の後、キトラ古墳の現地は見学しました。
ですから、今回のキトラ古墳石室の公開は魅力がありました。
今日、メールがありました。
「このたびは、「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第10回)及び特別史跡キトラ古墳石室の公開」に御応募いただき、ありがとうございました。
 多数の御応募をいただき抽選を行った結果、残念ながら山吹 啓様の御希望に沿えませんでしたのでお知らせします。 」
残念でした。
古墳ブームだそうです。

合計190Kmドライブ

Dsc_0002
朝から暑い。
午前10時頃出かける。
女房の実家へ。
祠堂・永代経のお勤めのお手伝い。
お勤めを終えてすぐにUターン。
帰宅すると瑞恵ちゃんがすぐに食べられるように冷麺を準備してくれている。
ありがたい。
昼食後は近所へ月忌を1軒。
それから役僧さんと七尾へ。
満中陰法要。
納骨を終えてお斎。
冷酒をいただきました。
役僧さんはノンアルコールを。
7時頃帰宅。

墓前勤行

Beru
午前10時にご門徒の保険代理店の方が。
火災保険の更新。
そこへ金沢近郊のご門徒の方が。
午前11時のお約束だったのですが、早く着かれたとのこと。
早速着替えてお参り。
近くの墓地。
毎年ご夫婦でお参り。
帰宅後、音楽を流して読書。
エアコンで涼しいので、ウツラウツラ。
昼食後も。
夕方4時に墓前勤行。
社会福祉協議会の依頼。
無縁墓の供養。
帰宅後シャワー、鍼灸院へ。

連日暑い

Dsc_0002
午前11時に昨日のお葬式の遺族の方がお礼参りに。
遺骨をお預かりしているのでご本尊の前でお焼香もしていただきました。
午後は八日講。
暑い中を10名ほどの参詣。
私たち僧侶にはエアコンの効いた控え室を準備していただきました。
帰宅するとマネージャーが。
2度のお葬式の支払い。
午後4時に診療所へ。
患者さんが少なく予約時間通り4時に診察。
薬局で薬をいただいて帰ると4時半前。
こんなことは初めて。

高校生が、90才の老人が

001
午前10時から百ヶ日。
生まれてからの障害者で30才で亡くなられた方のお参り。
納骨されずに遺骨がそのまま安置されています。
お仏壇で御経の後、遺骨の前で正信偈・同朋奉讃。
テーブルの上に勤行本(赤本)が置かれていたので・・・。
正信偈のお勤めを始めると後ろから大きな唱和する声。
やんちゃ坊主というイメージの高校3年生の故人の弟さん。
とてもお勤めをすると思えなかった子。
お姉ちゃんへの思いがお勤めをさせているのだろうと思いました。
自宅でのお勤めの後、お墓へ納骨に。
お墓へは行けないと言っていた90才のお祖父さんも。
孫への思いが暑い中の石段を登らせたのだろうと思いました。

帰宅してスタッフさんと合流。
正午からお葬式。
広間での家族葬。
私ひとりでお勤め。
夕べのお通夜は約20名ほどの参列。
今日のお葬式も20名ほどの参列。
火葬場へ向かう車の温度計39度。
暑い。
エアコンがありがたい。
エアコンのない六和精舎でのお葬式だったら大変だったろうと思いました。
エアコンがあるだけでも正覚寺へ来ていただいてよかったと思います。
遺族の方々は、六和精舎を知らないのでそんなこと分からないでしょうが・・・。
2時半頃火葬場から連絡があって、3時頃から還骨・中陰のお勤め。
分骨した頭骨と写真は娘さんの嫁ぎ先の自宅へ。
大きなお骨箱は正覚寺本堂でお預かり。
午後4時頃遺族の方々を送り出して、4時半頃スタッフさんを送り出してお葬式終了。
5時半からスタッフさんと慰労会。
冷たいビールをいただきました。

家族葬

006
夕べ10時半頃電話。
輪島高校の隣に密葬のできる施設があると聞いたのだがと・・・。
通称本山事務所・六和精舎だとお教えしました。
しばらくすると再び電話。
同じ方。
ご門徒の方が亡くなられたのでお参りを頼みたいと・・・。
ええっ!それはもったいない。
よろしかったら正覚寺の広間でお葬式をしませんかと・・・。
すると、六和精舎の使用料は5万円だと言われます。
私は、六和精舎の使用料は5万円ですが、それだけではお葬式はできませんと。
六和精舎使用料5万円 + 輪島市斎壇使用料5.7万円 + 造花屋さん経費15万円 = 25万円以上の経費が必要ですと。
その上、掃除なども自分たちでしなければなりませんと。
正覚寺庫裏・広間使用料5万円 + お手伝い謝礼4万円 + 基本消耗品一式10万円 = 19万円ですと。
強引、強要だったかもしれませんが、お葬式の会場を正覚寺に変更していただきました。

午前8時半頃マネージャーが。
夕べの間に女房が連絡をしておいたので・・・。
故人は輪島病院に入院されていたとのことで、午前9時頃遺体搬送とのこと。
午前9時半頃遺体到着。
早速枕勤め。
その後打ち合わせ。
荘厳準備。
納棺。
それから遺族の方々はそれぞれ帰宅。
午後はマネージャーと私が留守番。
六和精舎ならどういう状況になっていたんだろうと思いました。
午後5時半頃遺族の方々が。
7時からお通夜。
20名ほどの参列者。
私ひとりでお参りさせていただきました。

9時と7時

Dsc_0001
午前9時からお葬式。
午前10時前にご導師夫婦を送り出してしばし休息。
一仕事終えたのにまだ10時。
ちょっと変な感覚。
11時半に火葬場からお骨拾いの案内の電話。
ご遺族にそれをお知らせして還骨・中陰の準備。
ムワっと暑いのでエアコンを。
昨日に続いて今シーズン2日目。
昼食後休んでいるとスタッフさんが終わりましたと声を掛ける。
ご苦労様とスタッフさんを送り出して再び休息。
エアコンで涼しくなると眠たい。
ウツラウツラしながら読書、ネット。
午後7時から7七日・中陰。
帰宅後、シャワー、夕食。

憲法

Kenpou
午前中はオフ。
この本を読み終えました。
先月末、新聞広告を見て買った本。
新聞を読んでいた女房がおもしろいと。
何かと思ったらこの本の広告でした。

 

Kenpou2
わかりやすい、読みやすい。
憲法の全文を読んだのは初めてのような気がします。
コラムも含めて勉強になりました。
この本の著者は、現役の大学生。
東大、京大などのエリートではない普通の大学生。
2ちゃんねるの書き込みから本に。

 

 

009
午前中は比較的過ごしやすかったのですが、午後はムワっと暑い。
熱風が吹く午後3時から3回忌。
エアコンがありがたい。
夜はお通夜。
市街地から西へ10分ほどの集落の方。
正覚寺のご門徒がいらっしゃらない地域。
ご導師のお寺も同じく市街地から10分ほど西の集落のお寺。
ご夫婦でお参り。
奥さんが手作りのところてんを。
我が家の好物、うれしい。

満中陰

Dsc_0003
カラッとした気持ちのいい天気。
午前11時から満中陰、と言っても35日。
なので納骨は後日。
6七日、7七日を勤めて納骨。
家でのお勤めの後お斎(昼食)。
2軒隣の旅館。
おいしいお料理をいただきました。
ビールも少々。
帰宅後休息。
読書のはずが1時間ほどウツラウツラ。
夜は長男が友達とバーベキュー、それに参加。

迷惑を掛けているという自覚

034
ご門徒の漁師さんからフクラギが4本。
漁があったようです。
ありがたい。
50~60cmのフクラギが4本なので我が家だけでは食べきれません。
女房が実家へ電話。
「おいしいのは間違いない・・・」。
そんなことを言ったら相手は断れないでしょ。

 

 

042
次々とスイレンが咲いてくれます。
1輪が日中だけ2~3日、1輪ずつ。

 

 

047
午後、女房と瑞恵ちゃん、想は女房の実家へフクラギを届けに。
私は午後3時前に出かける。
南へ60Kmほどの七尾市までお参り。
6七日の中陰。
この道路、制限速度80Km。
ところが50~80Kmのスピードを上がったり下がったり。
どんどん車列が長くなります。
せめて80~90Kmで走りましょうよ。
規則を守るパトカーだってそのくらいのスピードで走ります。
走れないなら後ろの車に道を譲りましょうよ。
この道路1.5車線。
路肩が広い。
ちょっと路肩へ寄ってくれれば追い越せるんだけど・・・。
車列の先頭を走っている人に迷惑を掛けているって意識がないんだろうなと思います。
確かに悪いことはしていません。
制限速度80Kmの道路を80Km以下のスピードなので違反をしているわけではありません。
でも、後続のドライバーはイライラします。
迷惑を掛けているって自覚できれば譲るという気持ちが出ると思うんですが、自分は正しいと思うから堂々と迷惑をかけ続けます。
能登は過疎高齢化の先進地。
今後ますますこういう状況が増えていくんだろうと思います。

蒸し暑い

Simada
今日もお参りの予定はない。
ウツラウツラしながら本を読んだり、ネットで調べ物をして過ごす。
上の本を読む。
新宗教といえばカネが掛かる、そういうイメージを持っていましたがそうとも言えないんだと思いました。
勉強になりました。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック