« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

正覚寺通信

Photo_2
今日も昼食後は川向こうのお寺へ。
報恩講・満日中。
内陣に4名、外陣に3名の出仕。
伽陀3章で登高座、式・歎徳文、正信偈・草四句目下、五淘・三朝浄土・3首引、お決まりの次第。
私は北・祖師前の2座目、結讃「如来大悲・・・」のお調声。

 

 

007

帰宅後、正覚寺通信をプリント、3ッ折り。
夕食後、女房と封筒詰め。
明日発送します。

25回忌法要

001
今日はご法事。
前々住職さんの25回忌法要。
従兄弟にとってはお祖父さんのご法事。
私もとても可愛がっていただき、お世話になりました。
午前10時から報恩講・満日中。
このお勤めはご招待がなかったので失礼させていただきました。
午前11時から法要。
終えて、昼食(お斎)をいただきました。
帰路、叔母さんと従兄弟を送って私の母親の実家のお寺へ。
従姉妹が入れてくれたコーヒーを飲みながら30分ほどおしゃべり。

 

006
テクノポート福井という工業団地に近い三里浜砂丘の集落のお寺。
女房はお寺の違いを感じたようでした。
例えるなら、高級寿司店と回転寿司。
高級寿司店は従兄弟のお寺で、回転寿司は正覚寺。
住職の差はもちろんありますが、地域の差を感じたようでした。
ご門徒数の差もあります。

報恩講

Dsc_0002
午前中は寺務。
昼食後、川向こうのお寺へ。
報恩講初日。
首座でお調声。
お参り後帰宅。
スタッフさんたちが作業。
今日・明日の日程で報恩講を勤められているお寺のご門徒のお葬式。
遺体が搬送され、本堂へ安置される。
そんな中を出かける。
明日は福井の従兄弟のお寺のご法事。
午前7時過ぎに出かけても間に合うのですが、体調に自信がないので・・・。
郊外のコンビニに立ち寄ると、駐車場で警察が撤収作業。
何かの検問?っと思いましたが、すぐに気づきました。
皇太子殿下が来られているのでその警備だったのでしょう。

集金袋

019
写真は本山(真宗大谷派)の上納金(相続講金)の集金袋。
正覚寺では、月謝の集金袋のようなものを配布してご門徒に上納金をお願いしています。
午前中はその配布作業をしました。
あとは、報恩講のご案内(正覚寺通信)をプリントすれば配布できるのですが、プリンターのトナー切れ。
準備をしておけばよかったのですが、小心者でケチなので・・・。 (;_;) 反省
午後は月忌勤めを1軒。
夕方は鍼灸院へ。

報恩講に向けて

014
午前10時前に昨日のお葬式の遺族の方がお礼参りに。
喪主の方が病気で体が不自由なので母子で。
遺族の方を送り出してご法事に。
お二人の33回忌。
漁船の事故で亡くなられた方とその翌年亡くなられたお爺さんの年忌。
お仏壇での勤行後、墓前勤行も。
お斎(昼食)はご辞退。
それは正しかったと思いました。
体がふわふわして体調に自信が持てません。
帰宅して昼食後はしばし休息。
少し眠ったようでした。
午後、女房と若夫婦、想、ベルは女房の実家へ。
私は留守番をしながら報恩講の準備。
封筒の印刷。

ステンドグラス

Dsc_0001
今朝、ステンドグラス制作者のおばさんが・・・。
夕べは輪島で同窓会。
そのついでに・・・。
裏の工事現場を見に行っているとのこと。
単に建物の工事の進行状況を見に行っているのだと思ったら、昨日、ステンドグラスが設置されたとのこと。
知らなかった。

午前10時からお葬式。
お葬式を終えて1周忌。
1周忌を終えて帰宅。
昼食をいただいていた12時20分頃電話。
火葬場からお骨拾いの案内。
早い。
準備をして、還骨・中陰に。

WALKMAN

Walkman
午前中はお通夜の準備。
法名を考えて、帰敬式(お剃刀)、骨箱の準備、中陰の一覧表のプリント。
早めの昼食後、音楽を聴きながら休息、と思いスピーカーとウォークマンをセット、しようとするが、ホームメニューが違う。
説明書を見ながら、インターネットも検索しながら、元に戻そうとするができない。
ソニーのサポートに電話。
しかし、電話が混んでいて繋がらない。
しばらく時間をおいて再び電話。
2度目も同じ、でも、そこで気づく。
手にしているのは古いウォークマン?
慌てて電話を切って確認すると、バスケットの中に新しいウォークマンが・・・。
電話が繋がらなくてよかった。
老いを感じました。
午後には年忌のお参りのお約束があったのですが、検査入院をされたと言うことで・・・。

 

 

Dsc_0002_2
夜はお通夜。
正覚寺本堂がちょうどいい参列者。
今夜は金沢で二胡のコンサートの予定だったのですが、女房が友達と。

500円お食事券

8ban
7時過ぎに玄関のチャイムが鳴る。
ご門徒のご夫婦が。
お爺さんが亡くなられたとのこと。
26日土曜日は11時からご法事のお約束。
10時か正午以降の午後の日程でお願いしますと伝える。
市役所で手続きをされると言われるので、午前9時に枕勤めのお約束。
スタッフさんらに連絡。
朝食後、準備をして枕勤めに。
25日午後3時にお棺の搬送。
25日午後7時からお通夜。
26日午前10時からお葬式。
打ち合わせをスタッフさんに任せて帰宅。
昨日のお葬式の故人の娘さん夫婦であるご門徒のご夫婦が支払いに来られているのでごあいさつ。
ご門徒ご夫婦を送り出して、役僧さんに連絡。
気づくと、郵便が。
葉書を見ると、500円分のお食事券。
いつ応募したのか記憶にありませんが、うれしい。

宗教法人に資産税は

007
昨日電話があり、宗教法人の税務関係の法律が改正になり増冊が出たと・・・。
届けていいかというので、どうぞと返事。
午前10時からお葬式にお参り。
導師は、街外れの山間地のお寺のご住職。
装束を着け出すと法衣を忘れたとのこと。
背丈が違いますが、私の法衣を貸してあげる。
お葬式を終え、僧侶方を送り出して、ご門徒のお参りに。
毎月10時のお約束ですが、お葬式のため時間を変更。
帰宅すると本が届けられている。
「資産税 質疑応答集」
個人の資産に対しては税金が掛かるでしょうが、宗教法人の資産はご門徒の共有財産。
税金の対象外。
2冊で1万円。
しかし、こういう本は1万円ではすみません。
法律や制度が改正されるたびに、5千円から1万円の差し替えが発生します。
不要だと電話を入れました。
夕方、鍼灸院へ。
帰宅すると、本は引き取られていました。
夜は、後輩夫婦が一緒にご飯をと。
帰りに隣の居酒屋でビールとラーメンを。

脱原発は楽観的

Dsc_0001_2
日中はお参りの予定はなし。
朝食後、散髪へ。
午前10時頃帰宅。
私と交代で瑞恵ちゃんと想、ベルは動物病院へ。
ベルの予防接種。
私は2階の自室で読書。
しかし、眠っていました。
今夜はお通夜。
喪家は小さな漁村。
お婆さんが亡くなられ、喪主はご主人のお爺さん。
子供さんはお二人で、お二人とも女性で、お二人とも嫁がれたとのこと。
そのお一人は正覚寺のご門徒宅へ。
過疎が進んでいきます。

 

 

PhotoPhoto_4
19日の読売新聞。
10月8日の新聞の社説で読売新聞が小泉元総理の脱原発を批判。
それに対して小泉元総理が反論。
その記事の下に、読売新聞が再反論。
読売新聞は、脱原発を楽観的すぎると批判。
しかし、そもそも東日本大地震・津波を想定外だと言い、それが原発事故の原因だとしている。
つまり、楽観的すぎているのは推進側ではないのか。
地震を甘く見すぎていた。
原発の安全性を過信しすぎていた。
また、反論では、「廃棄物を地中深くに埋める」と言います。
しかし、その管理は10万年以上。
10万年前の地球といえば、マンモスがいて、ホモ・サピエンスがアフリカから世界各地に拡がった時代。
それが10万年という時間。
現代人が歩んできた時間と同じ長さの時間を、放射性廃棄物が外界と接触しないように隔離し続けなければなりません。
読売こそ楽観的。

朝日のあたる家

Photo女房は今日から美術館の旅行。
瑞恵ちゃんは想の受診に小児科へ。
私は留守番の予定でした。
早朝、電話。
明日・明後日の日程でお葬式の会場。
喪家は、土曜日にご法事のお参りをさせていただいたご門徒の奥さんのご実家。
で、この映画は25日までの上映。
今日しかない。
11時半に出かけて金沢まで映画を。

45
東海地震?により福島原発事故に続いて山岡原発(浜岡原発)が事故というストーリー。
しかし、福島のノンフィクションを見ているのではと思ってしまう。
この映画、多くの観客を動員できるような映画ではありません。
なかなか上映する映画館が出ませんでした。
商業的な理由もあると思いました。
今日の映画館も私を含めて5~6名でした。
しかし、原子力ムラにとっては見られたくない映画だと思いました。
この映画を観たら多くの人が脱原発を願うと思います。
そういう映画でした。
暗いテーマの映画でしたが、あっという間の2時間でした。
多くの方に観て欲しい映画ですが・・・。

3_2
 

 

Dsc_0002
帰路、信号待ちで隣りに止まった車。
2匹のトイプードルがこちらを見てる。
可愛いので写真を。
私が犬を可愛いと思うなんて。
それも見ず知らずの他人の飼い犬を。
我が家にベルがいるようになったおかげです。

休みのはずが・・・

Photo
今日は日曜日ですがご法事の予定はなし。
つまり休み。
のんびりすごそうと思っていたら電話。
明日から旅行に出かけるので、今日お参りに来てくれないかと。
明日から輪島漆芸美術館主催の旅行です。
我が女房もその旅行に参加しますが、電話をしてきたご門徒の方も毎年参加しています。
数日前から電話が掛かってくるはずだと思っていました。
夜7時からお参り。
日中はオフなのですが、夜お参りがあると思うと・・・。
昼食後は30分ほど爆睡。
ほとんどの時間をネットで過ごしました。

賞品が届く

Dsc_0003

朝、宅配便が届く。
ヤマダ電機から。
サマーキャンペーンというシール。
何だろうと開けてみたら、時計。
そういえば、ネットで応募した記憶が・・・。
私は大きな高額な賞品は当たったことはないのですが、宿泊券や図書券など小さいものが時々。...
ヘレン・メリルというジャズ・ボーカリストのレコードのジャケットの時計。
応募者は私一人だったりして・・・。
それでも、うれしい! ヽ(´▽`)/
午前10時から年忌法要。
50回忌と33回忌と23回忌。
1時間15分から20分ほどのお勤め。
最後は参列者で正信偈・同朋奉讃を唱和。
お斎(昼食)は午後もお参りがあるのでお断りしてありました。
帰り際、参列者のお一人から正信偈・同朋奉讃の勤行本を分けて欲しいと頼まれる。
喜んで差し上げました。
帰宅して昼食。
20分ほど爆睡。
午後は、祥月命日を1軒、月忌を1軒。
お参りを終えて鍼灸院へ。
夕食後、女房と若夫婦家族とベルは千枚田のあぜの万燈へ。
私は体調が不安なので留守番。

帰宅

Photo_6
午前5時起床。
午前6時過ぎ、ホテルを出発。
午前7時頃仁川空港到着。
朝日が上る。
午前9時過ぎに仁川空港発、午前11時前に小松空港着。
途中で昼食を食べて帰宅。

世界遺産めぐり

Photo_2
朝食後、9時過ぎから世界遺産めぐり。
先ず宗廟。
朝鮮王朝の歴代王と王妃の位牌が安置されている施設。
現在も5月の初旬に異例の儀式が行われているとのこと。
宗廟のガイドさんによる日本語の案内で見学しました。

 

 

Photo_3
続いて昌徳宮。
正宮ではない離宮とのことですが、これが離宮?という規模。
現在の韓国国内の宮殿の内、最も創建時の面影を残している宮殿だから世界遺産とのこと。
日本から嫁ぎ、最後の皇太子の妃となった李方子(まさこ)が亡くなるまで暮らした建物も現存。
女房の隣でトンイやイサンといった朝鮮王朝ドラマを見ているので勉強になりました。

 

 

Photo_4
昼食は石焼きビビンバ。
昼食後は免税店。
その後、ソウル中心部から1時間ほどの水原へ。
華城。
18世紀末に朝鮮王朝第22代国王・正祖が老論派の陰謀により非命に倒れた父(思悼世子)の墓を、楊州から水原の顕隆園(隆陵)に移し、その周囲に城壁や塔、楼閣や城門を築いて防護を固めた施設とのこと。
城壁は5Kmあまり。
その中に計画都市。
城壁や楼閣が美しい。
そして広大な規模

 

 

Photo_5
午後4時半頃、ホテルへ。
隣接したデパート、免税店で買い物。
夕食は参鶏湯。
夕べはビールと梅酒でしたが、今夜はビールとジンロ。

ソウル

Photo
午前2時頃から風の音が気になって眠れない。
結局そのまま朝。
小松空港へ。
台風で欠航が心配されましたが、羽田便、福岡便は欠航のアナウンスがされましたが、ソウル便は無事運航。
小松を正午に出発、仁川空港に午後1時40分過ぎに到着。
午後3時頃ホテルにチェックイン。
ホテルの近くの徳寿宮へ。
朝鮮王朝の離宮とのこと。
案内看板のほとんどがハングルと英語。
ガイドさんもいないので誰が何をした建物か分からずに見学。

 

 

045
夕食は焼き肉。
牛の骨付きカルビと豚のカルビ。
チジミと冷麺。
美味しくいただきました。

鍼治療

Photo
起床後は昨日・一昨日からするとずいぶん体調がよくなったと思ったのですが、朝食後しばらくすると、頭がふらついて様子がおかしい。
肩をもむと少し楽になる。
それを繰り返しながら午前中。
早めの昼食。
しばし休んで、午後1時前に川向こうのお寺へ。
婦人聞法の会の追悼会。
12名の法中(僧侶)。
午後2時半から墓前勤行。
千葉県からご夫婦でお参り。
夕方は鍼灸院。
友達の鍼灸院の先生に先日の失神・救急搬送を伝える。
すると、これじゃぁ無理もないと。
肩から首、背中の肩甲骨にかけてすごいコリだと。
これでは頸動脈が圧迫されて頭に血がいきにくいだろうと・・・。
治療をしてもらってずいぶん楽になりました。

出雲駅伝を見ながら

002

今日はお参りはお休み。
体調が悪いのでありがたい。
午前10時に昨日のお葬式の喪主ご兄弟がお礼参りに。
30年あまり前にお父さんを亡くされたのだけど、周囲に言われるがままお葬式をしたら、大変な思いをされたとのこと。
それで今回のお母さんのお葬式は家族葬に。
その後の午前中はゴロゴロと。
体調がイマイチなので本を読む気も起きない。
午後は、出雲駅伝を見ながら11月11日のお参りのご案内を作成、発送。
そこへマネージャーさん。
3軒続いたお葬式の支払い業務。
マネージャーが支払いを終えると、ケーキとコーヒー。
夕方、鍼灸院へと思うが、今日は祝日でした。
夜は頼母子講。
体調が悪いので、飲まずに食事だけ。
だいたい9時頃までの懇親会ですが、8時頃途中退席。

お葬式、中陰

005
朝食後、紙華を立て直す。
朝からだるくて、少し頭がふらつく。
一昨日失神したばかりなので不安。
座って様子をみながら動く。
午前10時からお葬式。
近親者のみの家族葬。
20名あまりの参列者だったでしょうか?

冬場に向けて床暖の試運転をするとエラー表示が出てボイラーが動かない。
設備屋さんに修理を依頼。
連休なので、火曜日にメーカーに連絡して対応して下さるとのこと。

午後1時半過ぎに還骨・中陰。
役僧さんは同級生宅の結婚式なので私ひとり。

帰宅後しばし休息。
自分のいびきで目が覚める。

午後3時から2七日。
これでお参り終了。
帰宅する車の燃料系にランプが。
不安なので女房に運転してもらってガソリンスタンドへ。
帰りに夕食の総菜を。

お葬式~お通夜

004
午前11時からお葬式。
南西へ30Kmほどの集落のお寺のご門徒。
昼食後は休息。
100均から材料を買ってきて紙華作り。
先日作成したばかりなのですが、作成した日が湿度が高かったようで、作ったばかりなのに垂れ下がってしまいました。
で、作り直し。
今夜のご門徒のお通夜の間に合わせたかったのですが、残念ながら間に合いませんでした。
明朝、立て直します。
夜はお通夜。
新聞やケーブルテレビなどでの告知をしなかったのですが、30名ほどの参列者。
いい雰囲気のお通夜でした。

救急車で搬送される

022_2
午前9時に南へ10分ほどの郊外のお寺へ。
10時から出仕、勤行。
30分あまりの勤行を終えて着替え。
装束をたたんでカバンに。
そこで目の前が真っ暗、意識がなくなる。
気づくと頭の上のいくつもの顔が・・・。
とっさに思ったのは、家に帰って眠ってしまって、お葬式が始まるからお参りに出なければならないと、皆に起こされているのだと思いました。
違いました。
法要後の控え室で気を失ったのでした。
救急車で病院へ。
頭部CTに心電図、血液検査、全て異常なし。
検査の途中で、息苦しくなるが、点滴をされていたら治まる。
首の後ろから肩、右の脇腹にこったような痛み。
そのあたりに異常が起こったのかと思ったのですが、それは気を失って倒れる時に頭を打って脳しんとう、脇腹はひねって痛めたよう。
前立腺の薬の副作用か自律神経の失調で血圧が急に下がったのではないかと・・・。
家で安静にして様子をみることに。
午後1時からのお葬式は若住職が急遽代理。
私は2時半頃帰宅。
午後は2階で安静に。
夜はお通夜。
門前町のお寺のご門徒。
阿弥陀経+短念仏10遍+三重念仏+和讃+回向。
一旦、退出。
燭の立て替え。
正信偈+6首引き+回向。
合計50分あまり。
輪島の習慣の倍のお勤め。
門前へ行くとお通夜が長いと言われるのを実感しました。

お葬式が続く

Daiku2
午前5時に電話。
市街地から河岸沿いを5~6Kmの小さな港のある集落の方。
お葬式の会場にとのこと。
明日明後日の日程でお葬式。
輪島から南西へ30Kmほどの集落のお寺のご門徒。
午前7時頃電話。
ご門徒の方が亡くなられたとのこと。
先約が入っていたので、12・13日の日程でお葬式。
早速、枕勤めに。
仏間の隣の部屋に遺体。
できるだけご本尊と同じ部屋がいいからと故人の娘姉妹と遺体の搬送をしたセレモニーホールの職員さんの4人で遺体を移動。
帰宅して朝食後、100均で材料を買ってきて紙華の作成。
午前中いっぱい掛かりました。
昼食後はしばし休息。
月忌を1軒お参り。
夜はお通夜。
曹洞宗の檀家さん。

 

 

Ookita
裏手で行われていた新築工事。
建物は完成した様子。
家の前の駐車場の整備を残すのみ。

姫りんご折れる

Taiho3

057_2
午前10時から祥月命日のお参り。
90歳手前のお婆さんのひとり暮らしのお宅。
お酒を飲んだ帰りに自転車で事故。
ご主人が亡くなって48回目のご命日。
台風24号から変わった温帯低気圧。
昼食後、風の音が聞こえていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。
姫りんご(?)の木が折れています。

 

 

Photo
午後3時半頃診療所へ。
3日が予約診療日だったんだけど、失念してしまって・・・。
この本を読みました。
韓国は、「財閥中心のトリクルダウン理論」で成長したと。
世界貿易に競争力のある大手企業が潤えば、韓国経済全体が成長を遂げ、その恵みが国内企業の雇用や設備投資に回って、やがては国全体が潤うという考え方。
日本では、竹中平蔵が強調していた理屈。
安倍政権もこれを狙っているのかなぁ?
それならば経団連などの言いなりなのが納得できる。

八日講

Taiho2
朝食後、書店へ。
新書を2冊。
12時前に川向こうのお寺へ。
八日講。
10月は大お講。
お斎(昼食)が準備されます。
本来ならお勤めの後お斎をいただくのですが、輪島の習慣は逆、お斎をいただいてから午後お参りをします。
お斎後の参詣席にも30名ほどの方が座って下さる。
ありがたい。
帰宅後留守番。
夕方は鍼灸院へ。

朝鮮王朝

2
午前11時からお葬式。
市街地から西へ20~25分ほどの集落のお寺のご門徒。
喪家は正覚寺から徒歩5分。
12時頃僧侶方を送り出して昼食。
しばし休息。
午後1時半過ぎに火葬場からお骨拾いの連絡。
遺族の方々を送り出して、ホームセンターへ。
接着剤などを購入。
帰って作業。
女房が注文の花瓶の道具の細工。
夕方、上の本を読み終えました。
勉強しました。

 

 

Taiho
午後7時から百ヶ日のお参り。
お参りを終えて、メールが届いていることに気づく。
9日の午後に予定されていた会議、台風のため延期とのこと。
えっ!台風が来るの?

ついビール

002
午前10時に昨日のお葬式の遺族の方のお礼参りを受ける。
故人の奥さんが金沢の病院に入院されていて、搬送してもらったのでそのままセレモニーホールを利用されたとのことでした。
何人もの方から、なぜ正覚寺ではないんだと聞かれたご様子でした。
娘さんご夫婦は金沢在住。
ご主人のひとり暮らしになります。
中陰のお逮夜は月曜日なのですが、一日早めて日曜日に。
こういうことが多くなりました。
これも過疎・高齢化現象。

午前11時から1周忌。
お斎もお付き合い。
ビールも少々いただきました。
帰宅後1時間ほどウツラウツラと。
夜はお通夜。
門前町のお寺のご門徒。

警察

Photo
午前10時からお葬式。
若い頃、正覚寺の正面で商売を始められた方。
お仕事もしていただきました。
ご門徒のお葬式となるとそういう方がほとんど。
住職30数年ですから・・・。
お葬式後、一旦帰宅。
昼食を食べて還骨・中陰の連絡を待つ。
戦没者追悼法要の案内が届く。
最近のパターンだと還骨の電話があるのは午後1時頃だろうと、返信葉書を書いて隣の郵便局のポストへ。
ポストの中で引っかかっていた誰かの葉書も投函してあげる。
裏の工事現場へも回って玄関へ。
玄関先の亀の水槽の食べ残しのエサをすくっていると女房が。
お骨上げの電話があったと。
時計を見ると12時30分前。
早い。
火葬時間がメチャクチャです。

午後2時過ぎに女房と若夫婦・想は女房の実家へ。
私とベルが留守番。
Jazzを聴きながら上の本を読み終える。
女房が視ているので、一緒にNHKの朝鮮王朝ドラマを視ています。
イ・サンが終わって、今はトンイ。
朝鮮は朝鮮独特の歴史があることを知りました。

 

 

072
夕食後、警察が境内に駐車させて欲しいと。
事件ではないようですが、向かいのアパート。
独居老人の部屋。
どうしたんでしょう?

マナー

夕べ深夜に電話。
お葬式の会場にとのこと。
朝からスタッフさんらが対応。
門前町のお寺のご門徒とのこと。
午後、遺族の方が会場の下見。
マネージャーが打ち合わせ。

私は、お通夜の準備をしたり本を読んだり、寺務をしたり。
夜はお通夜。
帰敬式(お剃刀)の法名、お骨箱の法名、遺影前の法名、香典、お供えを準備して持つが、何か足りないような・・・。
控え室で役僧さんに尋ねられる。
中陰の表は?
そうだ!忘れた。
明日に。
どうして正覚寺でお葬式をされないんですか?とも尋ねられる。
さぁ?どうしてでしょう?
正覚寺の本堂にちょうど治まる参列者でした。

 

 

Tv_2
帰宅すると、女房はテレビ。
芸能人格付けチェック~主婦芸能人に品格はあるのか!?スペシャル~
お葬式に参列するマナーのチェックも。
服装チェック。
真珠以外のアクセサリーは×などなど。
これはまぁ、そうかなぁ?
まず、香典の墨、薄墨で。
ほとんどの坊さんはマナー違反ですね。
続いて、受付での挨拶。
語尾を濁してはっきり挨拶してはいけないと。
えっ!じゃぁ、弔辞はどうするの?お勤めはどうするの?
次は、焼香するマナー。
まず、歩き方。
遺影の正面、中央を歩いてはいけないと。
遺影に失礼になると。
???
導師の前を歩いて焼香にでる場合は、私たちも導師の正面を外して端を歩きます。
しかし、テレビのお葬式は導師の後ろで焼香。
本山で参拝する時、ご本尊の正面、親鸞聖人の御影の正面を歩いてはいけないとは聞いたことがない。
続いて、遺族に一礼。
いらないと思うが、まぁいいか。
次に遺影の正面で一礼。
これは正しい。
続いて焼香。
お香をつまむ指は2本ではなく3本だという。
2本は割れるからダメだと。
ふ~ん、真宗大谷派の儀式作法では正式には一握、つまむんじゃなく握るんだけど・・・。
香をくべる回数は、1回か3回で2回は偶数でダメだと。
ええっ!真宗大谷派では2回がお焼香の作法だと決められているんだけど・・・。
真宗大谷派はマナー違反の品格のない宗派なんだぁ。
帰り際に気持ちの品を渡されたらありがとうございますとお礼を言ってはいけないと。
ありがとうなどの言葉は喜びの言葉だからお葬式の場ではふさわしくないと・・・。
えぇっ!ありがとうは感謝、お礼の言葉でしょう。
弔辞などでも遺影に向かってお世話になりありがとうございましたと述べることが多いでしょう。
それをいけないと・・・。
マナーっておかしい。
数珠に手を通さずに合掌している。
それに対するチェックはなし。
数珠はただ持っていればオーケー。
テレビでこんなことをやられると困る。
テレビのマナー専門か先生が正しく、私のような田舎坊主が勉強不足の無知で間違っていると思われてしまう。

新米

056
夕べ遅くに電話があった。
ご門徒の方が亡くなられたとのこと。
金沢の病院から搬送するので、遺体が自宅に帰られるのは深夜とのこと。
葬儀の日程は決まっていないが、会場はセレモニーホールとのこと。
枕勤めは、午前8時過ぎにしていただきました。

8時過ぎに枕勤めに伺うと、お世話をされている方が、新宅さんだけれども本家さん同様ご門徒として扱って欲しいとのこと。
私は、お願いされなくともそれはそうだろうと思いましたが、それにしても、ご門徒ならセレモニーホールを利用せずに正覚寺を使われれば・・・と思いました。
お医者さんや日展作家という他門徒の方が正覚寺を利用され、ご門徒だと言われる方がセレモニーホールを利用される。
不思議なものです。

音楽を聴きながら本を読んでいるとご門徒の方が。
お米を届けて下さいました。
ありがとうございます。
30Kgは私には重い。

 

 

Photo
この本を読み終えました。
「輸出品は消費税を還付されるため、輸出企業は、消費税が上がると、そのぶん丸々儲かる」
「日本の法人税は、みかけほどは高くない。(経団連阿部泰久・経済基盤本部長)」
「消費税は、大企業優遇の税制」
2010年民主党政権・菅直人総理大臣時に書かれた本ですが勉強になりました。

本堂

Photo
先日新聞に掲載されていたニュース。
金沢近郊のお寺が本堂の建て替えの上棟式をしたというニュースです。
金沢方面から能登に向かって高架の道路を走っていると左手に建築工事が見えます。

今日10時から13回忌の年忌のお参りがありました。
故人の奥さんや息子さん娘さんの家族10名ほどの参列でした。
会場は正覚寺本堂。
11時頃、参列された方々を送り出して、片付けをしながらこの本堂にして本当によかったと思いました。

上の記事のお寺は金沢近郊。
まだまだ過疎は届いていない。
過疎どころか逆に人口が増えているかもしれないと思える地域です。
だからこそ伝統的な形式で本堂の建て替えができるのだろうと思います。
震災前、正覚寺は屋根の老朽化で雨漏りが始まり、屋根瓦の葺き替え工事の必要に迫られていました。
大正の初めの同じ時期に建てられたご隣寺は、震災前に屋根瓦の葺き替え工事をされました。
2500万円程度の工事だったとお聞きしました。
ご隣寺の本堂と比較して少し小さい正覚寺の本堂でしたが、同じくらいの予算が必要だと言われていました。
その資金をどのようにして工面しようかと頭を悩ませていました。
そんな時に震災。
ご門徒と相談して、思い切って現在の新様式の本堂に建て替えました。
ご門徒の方の中には、無理してでも修理してしまえば、あとの維持は次世代に任せればいいと言う意見もありました。
私は若い頃から大きな本堂の修繕・維持に苦労をしてきました。
数千万円の資金もつぎ込みました。
能登は過疎地、今後ますます寺院の運営は厳しくなっていきます。
苦労が目に見えているものを次世代に残すのは無責任、そう思いました。
この本堂にしてよかった、そう思いながら片付けました。

原発は不良債権

20131001042

離れの工事現場。

 

20131001043
こんな窓もあるんだぁ!

 

 

Kaneko
この本を読みました。
原発は不良債権。
東電に公的資金を注入し、原発を再稼働させていくことは、かつての不良債権処理の公的資金注入、失われた20年と同じ構造だという。
経済的にも東電は破綻させ、原発は止めるべき、そう思いました。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック