« 諷経2軒 | トップページ | 祥月と満中陰 »

午前9時から午後5時まで

Dsc_0006

午前8時半前にセレモニーホールへ。
故人は59歳、私の一つ年上。
大腸がんで4年ほど入退院を繰り返されていたとのこと。
ご臨寺のご門徒。
お葬式を終えてすぐに郊外のご門徒宅へ。
波浪警報と強風・雷注意報。
年忌のお参りとお取り越し・報恩講。
お婆さんの独居老人宅。
1時間あまりのお勤めを終えて、コーヒーをいただく。
お布施を出されて、気持ちだけですけど・・・と。
私が頭を下げると、いくらくれと言われるお寺さんもあるらしいが、請求されたら私のような者はお参りをお願いできないと・・・。
私は、そんなことを気にする必要はありませんよと・・・。
11時半頃帰宅、昼食。
午後1時前に郊外の先輩が住職のお寺へ報恩講のお参り。
先輩を含めて6人の参勤僧。
正信偈草四句目下・念仏讃淘三ツ・和讃「弥陀大悲の誓願の」次第六首・回向「願以此功徳」。
親鸞聖人750回忌御遠忌で本山が製作した勤行本で同朋唱和。
五ツ淘や八ツ淘で僧侶が声を張ってお勤めというのも報恩講らしいと思いますが、参詣者全員で唱和する、これこそが浄土真宗とも思いました。
2時半過ぎに先輩のお寺を失礼して、月忌を1軒、その後お取り越し・報恩講を2軒。
それぞれのお宅で、入院されていたとのことだが体は大丈夫かと・・・。
いちいち説明が面倒なので、心臓がちょっとと・・・。
今夜も頼母子講。
ノン・アルコール。
8時半に帰宅しました。

Dscn5097

« 諷経2軒 | トップページ | 祥月と満中陰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 諷経2軒 | トップページ | 祥月と満中陰 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック